平成30年産米の相対取引価格・数量について(令和元年5月)

掲載日: 2019年06月14日 /提供:農林水産省

プレスリリース

平成30年産米の相対取引価格・数量について(令和元年5月)

令和元年6月14日
農林水産省

農林水産省は、平成30年産米の「相対取引価格・数量(令和元年5月)」について取りまとめました。

背景

平成30年産からの米政策の見直しにおいては、生産者や集荷業者・団体の主体的な経営判断や販売戦略に基づき、需要に応じた米生産ができるよう環境整備を進めることとしており、その一環として、平成26年3月から米の流通に係るよりきめ細かい需給・価格情報、販売進捗・在庫情報等の提供を行っています。
今回、令和元年5月の相対取引価格・数量について、米の出荷販売業者、団体等から報告のあった内容を取りまとめましたので公表します。

概要

相対取引価格・数量
令和元年5月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,732円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で11万トンとなっています。
産地銘柄別の相対取引価格・数量については、添付資料を御参照ください。
また、調査対象業者、取りまとめの区分等については、添付資料の脚注を御参照ください。

公表資料

本資料及び過去の調査結果は、当省ホームページから御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/keikaku/soukatu/aitaikakaku.html
<添付資料>「平成30年産米の相対取引価格・数量(令和元年5月)(速報)」(PDF : 166KB)

お問合せ先

政策統括官付農産企画課

担当者:佐久間、角、並松
代表:03-3502-8111(内線4975)
ダイヤルイン:03-6738-8973
FAX番号:03-6738-8976

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら