令和元年度(2019年度)くまもと県版GAP条件整備事業に係る第2回要望調査について

掲載日: 2019年06月14日 /提供:熊本県庁

令和元年度(2019年度)くまもと県版GAP条件整備事業に係る第2回要望調査について

最終更新日:2019年6月14日

・標記事業について令和元年度の第2回要望調査を行います。

・事業を希望される農業者及び農業者団体等につきましては、最寄りの市町村農政主管課または各広域本部/各広域本部地域振興局農業普及・振興課へ必要書類を提出してください。

くまもと県版GAP条件整備事業の概要

○事業メニュー

1 各種分析支援:農業者が負担する残留農薬分析、水質分析、土壌診断に要する経費を支援

2 GAP取組環境整備支援(初回のみ):くまもと県版GAPの認証取得に必要な施設整備、資材導入及び設備改修に必要な資材導入費を支援

3 くまもと県版GAPモデル農業組織等支援:くまもと県版GAPの認証取得に向けた視察研修費、研修受講費、資料代等を支援

※詳細は実施要領及び別表をご確認ください。

○採択要件

農業者が事業実施期間内にくまもと県版GAPの申請(更新を含む)を行うこと等

○事業の実施期間

平成31年(2019年)4月1日から令和2年(2020年)3月31日まで

ただし、事業メニューの2については、交付決定の日または交付決定前着手承認の日から令和2年3月31日まで

○応募方法

最寄りの市町村農政主管課または各広域本部/各広域本部地域振興局農業普及・振興課へご相談のうえ、要望調査表をご提出ください。

○提出期限

市町村等への提出期限 令和元年(2019年)6月26日(水曜日)

○その他

要望額が予算額を上回った場合は、採択優先順位を定め事業実施主体を選定します。

要望調査に係る提出書類

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら