「ホワイト物流」推進運動の自主行動宣言を提出

掲載日: 2019年06月28日 /提供:伊藤忠食品


「ホワイト物流」推進運動の自主行動宣言を提出

酒類・食品卸売業の伊藤忠食品株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長・社長執行役員:岡本 均、以下:当社)は、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保することを目的とする「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、物流の効率化・働きやすさ向上に向けて、自主行動宣言を提出しました。(2019 年 6 月 24 日提出)当社は、自主行動宣言のなかで、入荷車両待機時間の削減を目的とし一般社団法人日本加工食品卸協会が開発した「トラック入荷受付・予約システム」(以下:本システム)の導入を取り組み項目として表明しました。

「ホワイト物流」推進運動とは、深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的とした運動です。2019 年 4 月に、国土交通省・経済産業省・農林水産省が、上場会社および各都道府県の主要企業約6,300 社に対し参加の呼び掛けを開始しています。

当社は、自主行動宣言のなかで表明した本システムを業界でもいち早く導入し横展開することで、食品流通の物流において従来から課題となっていたトラックの順番待ちによる渋滞解消や、ドライバー待機時間短縮に取り組みます。具体的には、本年3 月より、千葉県の船橋物流センターにて受付簿の電子化(本システムの一部機能)を導入し、システムの運用を開始しました。今後は入構時刻の事前予約など、その他の機能も順次検証し、導入を目指します。また、船橋センターでの検証結果を踏まえ、当社の各センターでも段階的にシステムを取り入れていく予定です。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.itochu-shokuhin.com/cms/uploads/2019/06/%E3%80%90%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%91%E3%80%8C%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E7%89%A9%E6%B5%81%E3%80%8D%E6%8E%A8%E9%80%B2%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%81%AE%E8%87%AA%E4%B8%BB%E8%A1%8C%E5%8B%95%E5%AE%A3%E8%A8%80%E3%82%92%E6%8F%90%E5%87%BA20190628.pdf

最新の卸・問屋ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら