『嗜好飲料の未来を考える』を発信

掲載日: 2019年07月10日 /提供:国分グループ本社

グループニュース

『嗜好飲料の未来を考える』を発信

2019.07.10

国分グループ本社(株)〔本社:東京都中央区、会長兼CEO:國分勘兵衛〕は、嗜好飲料の未来予測である『嗜好飲料の未来を考える』を作成し、得意先へ新たなソリューション提案を開始いたしました。

1.背景
国分グループは、「食のマーケティングカンパニー」の実現のため、「未来予測」をテーマとした食の未来を読み解く提案で、グループ全体のマーケティング力と営業力の強化に取り組んでいます。その一環としてこの度、嗜好飲料の未来予測『嗜好飲料の未来を考える』を作成・発信しました。

2.目的
『嗜好飲料の未来を考える』は、さまざまなデータ分析や生活者へのアンケート調査、メーカーへのヒアリングなどから嗜好飲料マーケットを読み解き、その未来がどうなっていくのかを示した未来予測です。嗜好飲料市場の「これまで」を把握し、今後どのように変わっていくのかを、嗜好飲料マーケットを読み解く飲用シーン別の3つの切り口からわかりやすく解説するとともに、2030年頃の市場を予測しています。そこから「何が売れるのか、どうすれば売れるのか」という提案活動につなげていくことを目的にしています。

3.概要
1)嗜好飲料市場のこれまで
嗜好飲料の市場動向
2)嗜好飲料市場のこれから
嗜好飲料の未来を読み解く3つの切り口
嗜好飲料のシーンを紐解く
①一年の動き(春夏/秋冬)
②一週間の動き(平日/休日)
③一日の動き(時間)
3)カテゴリー別動向予測

4.発行日 2019年7月

<レポートに関するお問い合わせ先>
国分グループ本社(株) マーケティング企画部 企画課 TEL:03-3276-4178

『嗜好飲料の未来を考える』を発信 (262.2 KB )

最新の卸・問屋ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら