「第1回信州感動健康料理アカデミー」を開催します

掲載日: 2019年09月13日 /提供:長野県庁

更新日:2019年9月13日

今回のテーマは、「ジャンルを超えて『感動』と『健康』へアプローチ」 「第1回信州感動健康料理アカデミー」を開催します

長野県(観光部)プレスリリース 令和元年(2019年)9月13日

「古くて新しい信州の郷土料理をつくる」をコンセプトに、県内4か所で「信州感動健康料理アカデミー」を開催します。

第1回は、常に新しい食文化を発信し続ける軽井沢で、舌の肥えたゲストに腕を振るう「ヴィラ・デ・マリアージュ軽井澤」総料理長小林愛美氏をゲストに迎え、古くて新しい信州の食のスタイルを探求します。

日時

令和元年9月18日(水曜日)午後2時から午後4時30分まで

場所

ハナレ軽井沢 軽井沢町軽井沢東31-15 電話番号0267-31-6153

参加者

講師 北沢 正和 氏(「職人館」館主)

横山 タカ子 氏(郷土料理研究家)

ゲスト 小林 愛美 氏(株式会社プリオウエディングスG&N執行役員総料理長

受講者 県内の宿泊施設、飲食店等で食に関わっている方

※受講を希望される方は、別紙のチラシをご覧いただき、申込用Webサイトからお申し込みください。

プログラム

プレゼンテーション

  1. 「信州感動健康領地」と5つのルール 横山タカ子氏
  2. ローカルガストロノミーという新たな潮流と信州感動健康料理 北沢正和氏
  3. 軽井沢からはじまる女性シェフたちによるローカルガストロノミー 小林愛美氏

講師、ゲストと参加者の皆様との意見交換

講師陣からのメッセージ

講師 北沢 正和 氏

「ローカルガストロノミー」って言葉を最近よく耳にするじゃない。世界のトップシェフたちは「原点回帰」を意識していて、つまり、それは必要以上に手間をかけない、食材の良さを活かすシンプルな調理法。だから最近は、「縄文の調理法」が面白い。つづきは、アカデミーの中で話そうや。

ゲスト 小林 愛美 氏

(講師の)北さんに出会って、私自身、料理に対する考え方に大きな影響を受け、軽井沢の地で料理をすることの意味を考えるようになりました。交流会では、北さんが近所の山から採ってきた「葛の葉」を使った一品料理を食べていただきながら、このプロジェクトや「食」と「文化」についての印象の変化をみなさんと話し合いたいです。

関連資料

お問い合わせ

所属課室:観光部観光誘客課

担当者名:(課長)大槻覚 (担当)中村光郎、田中清継

電話番号:026-235-7254

ファックス番号:026-235-7257

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
スペインワイン&グルメフェア2019
メルマガ登録はこちら