コーヒートレーサビリティプラットフォーム「FARMER CONNECT」の取組について

掲載日: 2019年09月19日 /提供:伊藤忠商事

コーヒートレーサビリティプラットフォーム「FARMER CONNECT」の取組について

2019年9月19日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)は、世界でコーヒーの生産・流通・販売に携わる複数プレーヤーと共に、Farmer Connect SA社(本社:スイス、Chairman:David Behrends、以下「FCSA社」)が提供するトレーサビリティプラットフォーム「FARMER CONNECT」の展開に参画することで合意致しました。伊藤忠商事は、FARMER CONNECT運営委員会Interim Steering Committeeの中で唯一のアジア企業として、日本から世界のコーヒー産業発展に寄与して参ります。

伊藤忠商事は60年以上にわたり、日本を初めとする世界のメーカーや小売・飲食店に中南米等のコーヒー豆を供給しています。また、食の安心・安全確保のため予てよりトレーサビリティを確保して参りましたが、今般全社として取り組む「商いの次世代化」の観点からブロックチェーン技術を基点にした「FARMER CONNECT」を通じ、豆の栽培からブレンドの詳細、海を渡り一杯のコーヒーとして消費者に届くまでの過程で生まれる情報を繋ぐ仕組みを新たに構築します。これが実現すれば、例えばQRコードを読み込むだけでこれらの情報を携帯端末から得られるようにもなります。また、開発中のアプリをダウンロードすれば、このプラットフォーム上で繋がっている生産者に対し任意でチップや感謝の気持ちを送ることも可能となります。

(開発中アプリイメージ図)
このリリースの画像:
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1580776

なお、本プロジェクトに賛同頂ける方々へのプラットフォーム開放は2020年を予定しております。

最新の卸・問屋ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
スペインワイン&グルメフェア2019
メルマガ登録はこちら