土庄町の学校給食で「オリーブ牛」を提供します!

掲載日: 2019年10月21日 /提供:香川県庁

土庄町の学校給食で「オリーブ牛」を提供します!

ツイート 公開日:2019年10月21日

土庄町の学校給食で「オリーブ牛」を提供します!

土庄町内の子どもたちに、地域ブランドである「オリーブ牛」の美味しさを知ってもらうため、今回で9回目となる「オリーブ牛」を使った学校給食を提供します。このうち、土庄小学校では、5年1組24名を対象に、学校給食に併せて「オリーブ牛」誕生物語絵本を紙芝居として読み聞かせる食育活動を行います。

1 学校給食における「オリーブ牛」の提供

(1)月日 令和元(2019)年10月29日(火曜日)

(2)対象 土庄町内のこども園5園、小学校2校、中学校2校

(3)献立 小豆島オリーブ牛のごま牛丼

(4)主催 小豆島オリーブ牛研究会、讃岐牛・オリーブ牛振興会、土庄町教育委員会、土庄町

2 土庄小学校での食育活動

(1)月時 令和元(2019)年10月29日(火曜日)12時5分~12時55分

(2)概要 石井昌彦校長

(3)取材受入 5年1組 24 人(担任:江口善喬先生)

(4)授業内容 12時5分 配膳

来賓紹介、事業目的紹介

食育タイム(オリーブ牛の絵本の紙芝居)

来賓挨拶 (澤野一浩 香川県農政水産部 畜産課長)

食事 ※来賓4名が児童と一緒に食事します。

石井 正樹(小豆島オリーブ牛研究会 会長)

石床 勝則(土庄町農林水産課 課長)

下地 芳文(土庄町教育委員会 教育長)

澤野 一浩(香川県農政水産部 畜産課長)

12時55分 給食終了


【参考】

「小豆島オリーブ牛研究会」は、オリーブ牛の生みの親である石井正樹さんが、「讃岐牛」のブ ランド力を高めるために「オリーブ飼料」を開発し、その飼料を給与した牛(オリーブ牛)の 肉質が高く評価されたことから、小豆島の他の畜産農家にも声をかけ、平成22 年に結成され ました。

担当課
農政水産部 畜産課
お問い合わせ
電話:087-832-3427
FAX:087-806-0204
メール:dr7167@pref.kagawa.lg.jp

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら