ロボットが活躍するための施設環境等の変革の検討に着手

掲載日: 2019年11月12日 /提供:ローソン

「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」メンバーとして <参考資料>ロボットが活躍するための施設環境等の変革の検討に着手

2019年11月12日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、経済産業省および国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が設置した「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」に参加いたします。

小売業界において人手不足は深刻な問題となっています。その解決に向けて、ロボット技術を活用した省人化へのニーズが高まっています。一方で、ロボット技術の開発・導入は、1社では費用や規制の面で取り組みづらいことが課題でした。業界を横断し、行政が主導となるタスクフォースに参画することで、よりスピーディーにロボット技術の導入および実装を目指すことができます。

これまでもローソンは、深刻化する人手不足への対応や複雑化する店舗業務の効率化を目的に、ロボットをはじめとしたデジタル技術を活用した取り組みを進めてまいりました。
ローソンは本タスクフォースを通じてロボット実装モデル創出に貢献するとともに、今後もデジタル技術を活用した効率化をさらに推進してまいります。



【ローソンのこれまでのロボット技術を活用した取り組み】

①完全自動セルフレジ機「レジロボ」の実証実験(2016年12月)
パナソニック株式会社と協力し、店舗のレジ作業の省力化を目的にした自動的に精算と袋詰めを行うレジロボの実証実験を実施

②できたてからあげクンロボ導入(2018年12月)
調理時間を5分の1に短縮し、注文後調理する出来立てを提供するからあげクン製造ロボットの実験を期間限定にて実施

③自律走行ロボットによる無人配送(2019年1月)
株式会社ZMPと協力し、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス内にて、自律で陸上を走行する配送用ロボットによる無人配送実験を実施



前のページに戻る

最新の小売ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら