コンビニエンスストア業界初!『金のいぶき玄米100%おにぎり』5月15日(火)より、ナチュラルローソン全店で発売!

掲載日: 2018年05月15日 /提供:Tokyo Onigiri Labo

 玄米食専用米「金のいぶき」の原料供給を行なう株式会社金のいぶきと、PR業務を担う株式会社Tokyo Onigiri Labo は、ローソン原料調達会社である株式会社SCIが開発基点となり、コンビニエンスストア業界初となる「金のいぶき玄米を100%使用したおにぎり」を商品化するともに、5月15日(火)よりナチュラルローソン全店舗(首都圏145店鋪)にて、「玄米おにぎり(金のいぶき)」を発売することをお知らせいたします。



■開発の背景
 一般社団法人おにぎり協会の会員企業である「株式会社金のいぶき」「株式会社SCI」「株式会社Tokyo Onigiri Labo」の3社が連携し、健康志向の世相に応えるべく、玄米の豊富な栄養を手軽に摂取できるおにぎりとして、新たな可能性に挑戦しました。
 コンビニエンスストア業界初の試みとして、玄米食専用米「金のいぶき」を採用することで、炊飯が難しく今まで不可能と言われて来た、玄米を100%使用したおにぎりの開発に成功。玄米が持つ価値との親和性が高い客層をもつ「ナチュラルローソン」にて販売を開始します。“食べやすくてクセになる玄米おにぎり”のラインナップ拡充を図るべく、今後も3社で協業し商品開発に取り組んでまいります。

■「金のいぶき」について
 玄米食専用米として宮城県古川農業試験場で開発され、2015年に新品種として登録されました。炊き上がりが金色に輝くさまと、東日本大震災を乗り越えた強い生命力を表現し「金のいぶき」と名付けられました。「玄米なのにもっちりとして食べやすい」「プチプチとしたはじける食感が楽しい」と評判のプレミアム玄米。低アミロース米のため甘み、ねばりが強く、一般的な玄米と比べ胚芽が3倍大きいので、ビタミンB群、E群、GABAなどの栄養価も高いのが特徴です。更に食物繊維が豊富で低GIのため、糖の吸収を緩やかにする効果も期待できます。
【参考】
株式会社金のいぶきホームページ http://www.kin-ibuki.jp

■「玄米おにぎり(金のいぶき)」について
発売日/2018年5月15日
販売店鋪/ナチュラルローソン 全145店鋪
価格/120円(税込130円)
一食あたり/熱量203kcai、脂質2.2g、食塩相当量1.5g
http://natural.lawson.co.jp/index.html

■株式会社Tokyo Onigiri Laboについて
 株式会社 Tokyo Onigiri Labo は、コメを中心とした商品企画・流通・販売・プロモーションまでを行う食のトータルプロデュース企業。株式会社Shinmei Delicaとの共同事業としてアトレ秋葉原に「onigiri bento Gyu!」を展開。自治体プロモーションや人気アニメと連動したオリジナルおにぎりを企画・開発・販売までを手掛けるなど、複合的な手法で日本のコメの市場開拓と価値の最大化を目指している。

会社名:株式会社Tokyo Onigiri Labo
所在地:東京都港区赤坂8-5-40-320
代表者:代表取締役社長 関克紀
資本金:200万円
設立日:2016年7月1日
事業内容:
1.店舗運営
2.食品企画・製造・卸
3.地方創生、コンサルティング
URL: https://www.onigiri-labo.tokyo

■本件に関するお問合せ先
株式会社Tokyo Onigiri Labo 関
Tel:03-4405-6793
info@onigiri-labo.tokyo
https://www.onigiri-labo.tokyo/

提供元:PR TIMES

全国6,900社の外食・小売企業へ販路を拡大しませんか?

最新の小売ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
フーズチャネルコンテンツガイド