すた丼屋から<夏の食欲刺激メシ>登場『やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス』6月1日発売!

掲載日: 2018年06月14日 /提供:アントワークス

“サクッ”“ピリッ”“シャキッ”の三重奏がよだれを誘うボリューム満点の一品を喰らえ!

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」を運営する株式会社アントワークス(所在地:東京都中野区、代表取締役:早川 秀人)は、累計40万食以上を突破した人気商品「伝説のすたみな唐揚げシリーズ」を“夏味”にアレンジした「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」(税込880円)を、2018年6月18日(月)より期間限定で全国の店舗(一部店舗を除く)にて販売いたします。


【期間限定メニュー】やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス 880円(税込)

「伝説のすた丼屋」公式ホームページ:http://sutadonya.com/

【暑い日こそやっぱり“ガッツリ系”】
当店では昨年まで、夏季は定番である“塩系”のさっぱりとしたメニューや「冷し担々麺」などの“ひんやり系”メニュー、すた丼屋らしい“ガッツリ系”のメニューを販売しておりましたが、中でも人気はすた丼屋らしい“ガッツリ系”メニューでした。そこで今年は、“猛暑でも食欲を刺激する商品”をテーマに、カプサイシンの効果で食欲を増進させるピリ辛な味付けと、夏でもさっぱり食べられるよう、シャキッとした生玉ねぎをたっぷりと振りかけた「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」を開発しました。
一口では食べることが出来ないほどの大きさ(約5cm角)の唐揚げ280g(約8個)を山盛りに積み上げた、ボリュームとインパクトで人気の「すたみな唐揚げライス」と、“想像しただけでよだれが出るほど美味しい”ことからその名が付けられた、四川料理の「よだれ鶏」をすた丼屋流に融合した一品です。


夏でもがっつける一品

【「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」の“よだれ”を誘う三重奏とは!?】
<“サクッ”担当はさすが主役!「すたみな唐揚げ」!>

サクッとした食感の「すたみな唐揚げ」は、すた丼のタレである「秘伝のニンニク醤油ダレ」をベースにした特製ダレに漬け込み、ニンニクのパンチを利かせた唐揚げです。注文ごとに揚げているため、サクサクの衣と柔らかな鶏もも肉のジューシーさをお楽しみいただけます。ご飯と相性も良く、箸が止まらなくなる味わいです。
サクッとジューシーな「すたみな唐揚げ」


<“ピリッ”担当はしびれる辛さが魅力の「やみつき辛味旨ダレ」!>
ピリッとしびれるような山椒が利いた辛さのなかに、ほんのりと甘みが感じられるこのタレは、「辛すたダレ」と「オリジナル甘辛ダレ」に、水あめやニンニク、レモン汁、そしてゴマ油をブレンドした特製の「やみつき辛味旨ダレ」です。
「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」の“キーマン”的存在であり、ボリューム満点のすたみな唐揚げに刺激をプラスし暑さで失った食欲を復活させます!

<“シャキッ”担当はさわやかな甘みの生玉ねぎ!>
シャキッした歯ごたえの生玉ねぎは、さっぱりとした甘みがあり、山盛りの唐揚げの上からたっぷりとふりかけ、さわやかさを加えました。こってりとし過ぎず最後までガツガツとお召し上がりいただけます。

【 『やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス』商品概要】
販売価格:鬼盛り<8個> 880円(税込)
超鬼盛り<12個> 1,080円(税込)
ミニ鬼盛り<6個> 800円(税込)
発売日 :6月18日(月)~ 期間限定販売
販売店舗:「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」全国各店舗
※下記店舗では販売しておりません。
高田馬場店、御徒町店、与野駅前店、東大和店、福生牛浜店、八王子東浅川店
青梅河辺店、中野新橋店、み~さんの店、ゆめタウン廿日市店、郡山安積店

【「伝説のすた丼屋」概要】
<“すた丼”とは・・・>

“すた丼”とは、低温で油通しし余分な脂を溶かし落としつつ旨味を閉じ込めたジューシーで柔らかな豚バラ肉に“秘伝のニンニク醤油ダレ”を絡めて、高火力と中華鍋を操る職人技で一気に炒め上げ、並盛でも茶碗約3杯分もの大盛りご飯の上に盛ったスタミナとボリューム満点の丼ぶりです。
【不動の人気No.1】すた丼 630円(税込)


<「伝説のすた丼屋」の歴史>
“すた丼”は、1971年に東京都国立市に創業された「サッポロラーメン 国立店」で、創業者である店主が『若いやつらに安くて旨いものを腹いっぱい食べさせてやりたい』という想いを込めて試行錯誤の末に生み出しました。もともとは従業員の“まかない飯”として考案されましたが、常連のお客様の間で噂が広まりラーメン屋のメニューとして販売されるようになりました。その他に類を見ない味とボリュームのインパクトがいつしか口コミで東京多摩地区に広まった後、お客様からの熱い要望により“すた丼”を主力商品とした「名物すた丼の店」が開店しました。

「名物すた丼の店」は、2004年に東京都23区内初となる早稲田店(現在は移転し高田馬場店として営業中)の出店を機に、屋号を「伝説のすた丼屋」に改めました。当社の転機はその2年後、2006年に京浜急行線品川駅高架下にある<品達どんぶり五人衆>内に品川店を出店した際、当店が施設全体の売上の50%以上を占めるという好調な結果となったことを受け、全国展開・海外進出を目標に掲げました。
その後2011年にフランチャイズ事業を開始し、出店は一気に加速。1999年時点まで3店舗だった当店は、関東一都三県を中心に店舗展開していましたが、2009年以降、関西、東北、北陸、九州、中国地方、北関東、信越へと進出、2017年6月には北海道、2018年4月には静岡県へ初出店を果し、4月現在、日本全国で76店舗を展開しています。
また、2015年5月にアメリカ国内で10店舗を展開する日系スーパーマーケット「ミツワマーケットプレイス シカゴ店」(イリイノ州)内のフードコートに海外1号店のシカゴ店をオープン。その後、2016年3月に同じく「ミツワマーケットプレイス トーランス店」(カリフォルニア州)内のフードコートに2号店のトーランス店、2017年4月にオープンした3号店目のプレイノ店も「ミツワマーケットプレイス プレイノ店」(テキサス州)のフードコートに出店と、現在海外にも3店舗を展開しております。

<今後の展開>
「伝説のすた丼屋」業態のみならず、現在展開している「デンバープレミアム」や「伝説のステーキ屋」、また2017年4月に新たに立ち上げた「き久好」も含め、全国への店舗展開を目指しております。また、海外展開の計画も順調に進んでおり、2018年にはヨーロッパのチェコに1号店を出店する予定となっております。
さらに今後は、ステーキ業態のFC展開を推進するとともに、社内体制整備強化などIPO実現に向けて準備を進めております。

【会社概要】
■社名   : 株式会社アントワークス
■本社所在地: 〒164-0001 東京都中野区中野3-33-3 インツ中野ビル5F
■代表取締役: 早川 秀人
■事業内容 : 飲食事業「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」「デンバープレミアム」
「伝説のステーキ屋」「き久好」「大衆食堂 にぎわい満腹食堂」運営
通信販売事業「伝説のすた丼屋 公式通販サイト」運営
■創業/設立: 1971年/1989年
■資本金  : 4,500万円
■従業員数 : 社員240名、アルバイト1,700名(2018月5月末日)
■URL   : http://antoworks.com/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
業界チャネル
フーズチャネルコンテンツガイド