激辛グルメ、刺激的な辛み“シビレ系”ブーム到来!? 好きな辛い料理No.1は「麻婆豆腐」

掲載日: 2018年08月01日 /提供:リクルートライフスタイル

「ホットペッパーグルメ外食総研」が開催する「トレンド座談会」8月第一弾レポート




株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、毎月外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表するための「トレンド座談会」を開催しています。8月第一弾は、暑い夏を乗り越える「激辛グルメ」についてレポートいたします。


“シビレ系”グルメに関するレポート
猛暑が続く中、暑さを吹き飛ばす激辛グルメ。ただし激辛グルメと言ってもメニューは様々、また“辛み”についても定番の唐辛子やガーリックに加え、山椒・花椒なども話題になることが増えてきた中で、性年代ごとに人気があるメニューや“辛み”はどれかを調査しました。

好きな辛い料理の人気No.1は「麻婆豆腐」!
「辛い料理が好きか」と聞いたところ、「好き(25.8%)」「どちらかといえば好き(42.3%)」と回答した人の合計は68.1%で、さらに男女ともに20代と55歳以上で人気が高いことがわかりました。また、「好きな辛い料理」をたずねたところ、カレーを抑えてNo.1になったのは「麻婆豆腐」。辛い料理としての知名度が高いこともあり、多くの性年代で1位を獲得し、人気の強さが如実に表れました。

“シビレ系”「山椒、花椒」は半数が支持
辛い料理が好きな人(「好き」「どちらかといえば好き」)に好きな辛みを聞いたところ、1位は「唐辛子(72.4%)」で、多くの性年代で1位を獲得しました。一方、「麻婆豆腐」で使われる花椒を含む「山椒、花椒」を選んだ人は51.4%で、特に30代前半の男性と50代前半の女性から“シビレ系”の人気が高い結果となっています。また、この1年で2割弱の人が「山椒・花椒を食べる機会が増えた」と答えています。「麻婆豆腐」人気で専門店も登場する中、「花椒」自体の知名度も上がってきていると考えられます。

■好きな辛い料理ランキングトップ10
(辛い料理が好きな人/n=703、複数回答)



■好きな辛みランキング
(辛い料理が好きな人/n=703、複数回答)



食のプロが語る!「花椒」の“シビレ”を求める「マー活」とは?
今、唐辛子とは一味違った辛さが魅力の「シビレる」味覚に注目が集まっています。その代表が山椒、花椒です。山椒の方は、日本料理の鰻を中心に、上品な風味として使われてきた調味料ですが、昨今、四川の調味料である花椒を豪快に使った激辛料理が人気急上昇中です。四川では「マー」と呼ばれている花椒。このシビレ系の刺激を求めて、花椒の入った料理を食べ歩く「マー活」ブームが到来しています。引き続き、辛党をうならせるメニューが続々と登場しそうな2018年。唐辛子に代表される“ピリカラ系”と山椒・花椒の“シビレ系”の激辛対決も楽しみです。猛暑が続く昨今、またストレスの多い現代社会において、刺激を求める激辛グルメブームは更に加速すると予測します。

ホットペッパーグルメ外食総研
上席研究員 有木 真理


「ホットペッパーグルメ外食総研」調べ「辛い料理」に関するアンケート調査






【アンケート概要】
■調査方法 :インターネットによる調査
■調査時期 :2018年7月6日(金)~2018年7月7日(土)
■調査対象 :全国に住む20~59歳の男女(株式会社マクロミルの登録モニター)
■有効回答数:1,032件


「マー活」ができる店舗


逸品坊【東京都・千代田区】
「逸品麻婆豆腐」(800円)は4種類の香辛料を使い、一口食べれば口中に旨味が広がり後から辛さが!「汁無坦々麺」(800円)などの単品から、麻婆豆腐や坦々麺を含む食べ放題・飲み放題プランまで。
https://www.hotpepper.jp/strJ001110223/



新中国家庭料理 浅野【東京都・港区】
六本木にある本格四川料理の専門店。看板メニューは「師直伝 麻婆豆腐」(1,600円)。ほかにも「むき海老のチリソース」(2480円~)、「師直伝 パクチーサラダ」(1,300円)など。中華料理の王道が入った贅沢なコースは4,500円~。
https://www.hotpepper.jp/strJ000811992/



小虎【東京都・台東区】
辛さの調節できる「石焼麻婆豆腐」(880円)、「海老チリ」(980円)など大人から子どもまで幅広い年代が楽しめるメニューが豊富。こだわりの激安ランチは「麻婆豆腐ラーメン×ミニ丼」(550円)で、ライス・麺大盛りが無料(9月下旬まで)とお得。
https://www.hotpepper.jp/strJ000010219/




四川麻婆【横浜市・中区】
中華料理激戦区の横浜中華街においても珍しい、麻婆豆腐専門店。人気No.1の「陳麻婆豆腐」(1280円)は、たかが麻婆豆腐、されど麻婆豆腐、極めればここまで旨くなる。爽快な衝撃!熱烈な刺激!至高の香味!ほかにも、人気No.2メニューの「四川坦々麺」(850円)、「牛肉の四川風煮込み」(1380円)、四川麻婆豆腐や北京ダックが入って3000円のコースも。
https://www.hotpepper.jp/strJ001143574/


「ホットペッパーグルメ外食総研」トレンド座談会とは
シーズンごとに“今”流行りの外食トレンドを発表する、リクルートライフスタイルの外食のプロフェッショナル集団による会合。アンケート調査や、レストランの現場から“生の声”を聞き、「外食のリアル」を語ります。メンバーは、飲食トレンドの数値化・可視化を行う「ホットペッパーグルメ外食総研」はじめ、女子トレンド、高級店トレンドなど、さまざまな分野を得意とするスペシャリスト計6名で構成されます。


▼リクルートライフスタイルについて
https://www.recruit-lifestyle.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/support/press

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス
業界チャネル
フーズチャネルコンテンツガイド