「the rescape」沖縄・宮古島東海岸エリアに2019年5月6日開業

掲載日: 2018年11月20日 /提供:沖縄UDS

自然に身をゆだね、「なにもしない贅沢」を味わうハイダウェイリゾート

 沖縄UDS株式会社(沖縄県那覇市 代表取締役社長:岡﨑勝彦)は2019年5月6日、沖縄県宮古島の東海岸エリアに、株式会社日建ハウジング(沖縄県那覇市 取締役社長:新井正樹)と共同開発するリゾートホテル「the rescape(ザ・リスケープ)」を開業いたします。  本日公式サイトにて、宿泊予約受付を開始しました。https://the-rescape.com/



「rescape」= retreat + escape 自然に身をゆだね、自分と向き合う贅沢な時間
 the rescapeは、沖縄県内でも希少性の高い天然ビーチと原生林に囲まれた手つかずの自然が残る宮古島・東海岸の、まさに隠れ家(ハイダウェイ)とも呼べる立地に誕生します。

 コンセプトは「ハイダウェイリトリート」。豊かな緑と宮古ブルーの海に囲まれた特別なプライベート空間で、青く澄んだ海や流れる雲、満天の星空、そよぐ風、大地の香り、穏やかに流れる時間に身をまかせることで本来の心と身体を取り戻す「rescape」をご提供します。

デザインコンセプト:自然との調和
 自然豊かな環境を五感で素直に感じとっていただけるよう、時間の流れを伝える光と影のコントラストや地形と調和した建築デザインなど、自然との調和をコンセプトにデザインに落とし込みます。施設全体で宮古島の風土や文化を感じ、シンプルでリラックスできる空間をご提供します。1棟独立のヴィラタイプを中心とした客室は41室。ほぼ全てにプライベートプールを備え、客室ごとに経験豊かなバトラーが滞在をサポートします。




島の自然の味わいをシンプルに堪能
 敷地内には、豊かな自然の中で育まれた島の食材を最もシンプルに美味しく味わえる炭火グリルのレストランを設けています。自家菜園で収穫された野菜やハーブが彩るメニューは、ゆったりと時間を過ごせるバーラウンジやルームサービスでもご提供いたします




地域とのつながりを大切に島の魅力を活かす
 沖縄UDS では2018年に宮古島下里にHOTEL LOCUSを開業しており、the rescapeは宮古島で2つ目のホテルとなります。さらに2019年3月開業予定のみやこ下地島空港の飲食施設を沖縄UDSが運営することが決定しております。今後は各施設が連携しながら、宮古島の自然や歴史、文化の魅力を、訪れるみなさまがそれぞれのスタイルでお楽しみいただける滞在をご提案していきます。

< ホテル基本概要 >
名称 : the rescape(ザ・リスケープ)
所在地  : 沖縄県宮古島市城辺長間1901-1
アクセス : 宮古空港から車で約15分
開業予定 : 2019年5月6日
規模   : 平屋24棟 ※一部2階建
予定客室数: 41室
付帯施設 : レストラン、カフェ&バー、ライブラリ、ショップ、プールテラス
敷地面積 : 30,114.16平方メートル
延床面積 : 4,264.82平方メートル
構造   : 鉄筋コンクリート造
企画   : UDS株式会社
設計   : UDS株式会社、岡部義孝建築設計事務所
運営   : 沖縄UDS株式会社
施工   : 先嶋建設株式会社
事業主  : 株式会社日建ハウジング
URL   : https://the-rescape.com/

< 沖縄UDSについて >
 まちづくりにつながる「事業企画」、「建築設計」、「店舗運営」を行うUDS株式会社の100%出資子会社として2016年10月に設立された沖縄UDSは、「沖縄の魅力を地域とのつながりから再発見し、国内外に伝えていくための架け橋となる場作り」を目指しています。宮古島のHOTEL LOCUSをはじめとして、沖縄各地で複数のホテル・リゾート施設の開業を進めています。http://okinawa-uds.co.jp/

< 株式会社日建ハウジングについて >
 地元沖縄県で不動産事業を幅広く展開をしている株式会社日建ハウジングは、近年より、ホテル事業にも乗り出し、観光立県である沖縄県を盛り上げるべく、様々なコンセプトの宿泊施設を所有し、数多くの実績を持ちます。 http://www.nikken-inc.jp/

< 宿泊予約に関するお問い合わせ先 >
the rescape 代表
Email:info@the-rescape.com

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

『BtoBプラットフォーム』とのID統合について
クレディセゾンの支払代行サービス
業界チャネル
フーズチャネルコンテンツガイド