さだまさしさんが新キャラクターとして登場!

掲載日: 2019年02月08日 /提供:ジャパネットホールディングス

~2019年ジャパネットグループ企業CM第2弾展開開始のお知らせ~

株式会社ジャパネットホールディングス(本社:長崎県佐世保市/代表取締役社長 兼 CEO:高田旭人)は、2019年2月12日(火)より企業CM第2弾の展開を開始します。第2弾では、長崎出身で弊社ともつながりの深いさだまさしさんに、新しいCMキャラクターとしてご出演いただきました。



■CMストーリーと見どころ
2019年からのジャパネットグループCMキャッチコピーは、弊社の企業理念でもある“「今を生きる楽しさ」を!”。現在、弊社は家電販売だけでなく、クルーズ旅行販売・ウォーターサーバー事業・サッカークラブ運営など取り組みは多岐に渡りますが、そのすべての活動の根幹にはこの企業理念があります。
今回のCMは、年間を通してさまざまな分野で活躍される方に登場していただき、その方々の「今を生きる楽しさ」と弊社の展開する事業内容をご紹介していきます。第2弾は、弊社のサッカークラブ運営やスポーツ・文化の活性化に関わる活動に焦点を当て、たくさんのワクワクを生み出しながら、「今を生きる楽しさ」を広げていきたいという弊社の想いを、歌手・エンターテイナーとして多くの方に喜びや感動を届けているさださんに代弁いただきました。その最後には、さださんがサッカーボールを華麗に蹴るシーンも。ご注目ください。

■起用の背景
一瞬一瞬に全力で取り組むスポーツは弊社の企業理念に通じるという想いから、Jリーグチームの運営の他、バレーボール、フィギュアスケートなど多くのスポーツ協賛を行っています。また人々に感動を与える文化活動についても、地元長崎、佐世保の施設協賛などを通してサポートしています。
今回起用したさだまさしさんは、日本を代表するシンガーソングライターとして、長年に渡ってエンターテインメントの分野で多くの方に喜びや感動を届けてこられました。また地元長崎への想いも深く、グループ会社V・ファーレン長崎も応援していただいています。さださんの想いは、「今を生きる楽しさ」を提供したいと考えるジャパネットの想いと共通する部分があると感じ、今年新たに起用いたしました。

なお、さださんには2015年に弊社グループ会社のジャパネットたかたが主催した「みらいに残すフォト&メッセージコンテスト」の審査委員を依頼し、その際はキャンペーンCMソング「みらいへ」を制作していただいています。

■CMに込めた想い
「今を生きる楽しさ」とは、刹那的に楽しければいいというものではなく、未来に向けて目の前のことに一生懸命打ち込むプロセスにこそ生じる楽しさを指しています。第2弾で焦点を当てたスポーツ・エンターテインメントは、一生懸命打ち込むプレーヤー、それを一生懸命応援する人々、その双方に感動があります。またそれは分かち合うほどに大きくなります。その道のりには悔しいこと・苦しい局面もあるかもしれません。しかしそのようなプロセスの中にこそ表れる真の「楽しさ」を見出し、同時に弊社の提供する商品やサービスがそのような人生に少しでも寄り添えたら、と考えています。今年度からのシリーズCMでは、たとえ弊社を利用されない皆様にも、そのような生きる姿勢に少しでも希望や勇気を感じていただける広告になることを目指しています。

■広告展開
テレビCM放送:2019年2月12日(火)より全国放映
新聞広告:2019年2月17日(日)に朝日新聞へ掲載

2月24日(日)にトランス・コスモススタジアム(長崎県諫早市)で行われるV・ファーレン長崎対横浜FCのJ2リーグ開幕戦は「ジャパネットDAY」としてジャパネットグループの冠試合で実施いたします。試合当日は、さださんが特別ゲストとして来場し、トークイベントを予定しています。

提供元:PR TIMES

最新の卸・問屋ニュース

クレディセゾンの支払代行サービス