水中ドローンを使った船底点検に関する実証実験を実施

掲載日: 2019年02月19日 /提供:セキド

海面下の船の状態を水中ROVを使用して確認する実証実験

株式会社セキドは、株式会社商船三井、株式会社MOLマリンと共に、MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、水中ドローンを用いて確認する実証実験を実施しました。



株式会社セキド(社長:大下貴之、本社:東京都国立市、以下「セキド」)は、株式会社商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)、株式会社MOLマリン(社長:山田福市、本社:東京都港区、以下「MOLマリン」)と共に、MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、水中ドローン(Remotely Operated Subsea Vehicle、以下「水中ROV」)を用いて確認する実証実験を実施しました。

船底検査の実証実験の詳細は、下記のリンク先をご覧ください。
https://www.sekido-rc.com/blog/2019/02/19/application_0005/


一般的に、船外機器や船底の汚損が生じると、船速の低下や燃費の悪化等、本船の運航に影響を及ぼす可能性があるため、当該部の定期的な点検や清掃を行う必要があります。
従来は、ダイバーを起用した潜水での点検作業を行ってまいりましたが、気象・海象が作業に影響を及ぼし、時間と費用が嵩むケースがありました。

このたびの実証実験では、水中ROVを用いる事により、海面下の船外機器の故障・破損の有無や、船底汚損状況の把握についての実用性を検証しました。


実証実験の結果、水中ROVの操作性や撮影した画像の精度を確認し、従来のダイバーによる確認と代替可能な手段として効率的かつ安全・確実な方法であることが確認できました。


実証実験のダイジェスト動画



セキドはこれからも、水中ドローンなど新たな技術を積極的に取り入れ、様々な現場での点検作業の効率化と安全性の向上を追求してまいります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【セキドについて】
日本国内において3万社以上の企業や官公庁様と取引実績がある、ドローンの販売並びに各種サポート業務のリーディングカンパニー。ドローンの世界最大手であるDJI社の代理店を日本国内で初めてスタートさせ、現在は東京都虎ノ門と神奈川県横浜市にてドローン総合施設を運営しております。
また、これまで800回以上の各種セミナーやイベントを全国で開催、延べ15,000名以上のお客様にご参加頂いております。

【セキドオンラインショップ】
https://sekido-rc.com/

【DJI認定ストア 虎ノ門】
https://sekidocorp.com/toranomon/
OPEN 11:00 - 20:00(日曜定休)
東京都港区西新橋2丁目35番5号セキド虎ノ門1F
TEL: 03-5843-7838 FAX: 03-5843-7837

【セキド虎ノ門本店 産業用ドローン相談窓口】
https://sekidocorp.com/industry/
東京都港区西新橋2丁目35番5号
セキド虎ノ門本店
受付時間(月~金 10:00~17:30)
TEL: 03-5843-7836 FAX:03-5843-7837

【セキド DJI 横浜ベイサイド店】
https://sekidocorp.com/sekido-dji-experience-store_02/
受付時間(月~金 9:30~17:30)
TEL: 045-353-8588 FAX: 045-350-7088

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<本件に関するお問い合わせ>
お問い合わせフォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/e9646c4977801
電話 受付時間(平日11:00~17:00)
TEL:042-505-6587 FAX:042-505-6588

提供元:PR TIMES

最新の卸・問屋ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中
売上金をセブン銀行ATMで一括管理!! 売上金入金サービス
クレディセゾンの支払代行サービス