株式会社FSプランニングがThe Pie Hole Los Angelesにて「TABETE」を導入  パイとサラダのセットなどを出品

掲載日: 2019年03月15日 /提供:コークッキング

株式会社コークッキング (本社:東京都港区、代表取締役社長:川越一磨)の展開するフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が、株式会社FSプランニング(本社:東京都港区、代表取締役社長:須藤 信由)が運営するロサンゼルス発のオーガニックコーヒーとオリジナルパイ専門店「The Pie Hole Los Angeles」(以下「The Pie Hole L.A.」)に導入されます。ユーザーが利用できるのは3月14日(木)から。



■The Pie Hole L.A.での「TABETE」運用について
2019年3月、株式会社FSプランニングが運営する「The Pie Hole L.A.」ルミネ新宿店に「TABETE」が導入されました。

<出品メニュー>
パイとサラダのセット 680円(税込)


ザ パイホールロサンゼルスでは、在庫を早く回したいパイと、サラダをセットにしてご提供いたします。

アップルパイ、ソルトキャラメルピーカン、チョコレートブラウニーなど、そのほか全8種類!

どのパイが入っているかは受け取ってからのお楽しみに! 
※写真はイメージです。


■TABETE導入の理由
―自慢の品を最後まで美味しく食べてもらい、新しい文化を発信したい―

「ご来店いただいたお客様においしいパイを楽しんでいただいていますが、日々の個数調整は難しく、日によっては余ってしまうことも。サラダビュッフェの食材を無駄にしない為にも、パイとサラダをセットでご提供いたします。

『TABETE』の導入により、フードロスの削減についての取り組みを実施し、新しい『文化』を発信していきたいと思っています。」(The Pie Hole L.A. ご担当者より)

■The Pie Hole L.A.について
「The Pie Hole L.A.」は創立者であるマシュー・ヘフナーの母秘伝のレシピを元に、2011年にロサンゼルスにオープンしました。現在ではハリウッドやオレンジカウンティーなど著名な地域へ出店を拡大しており、ハリウッドスターなど世界中のファンを魅了しています。また、ロサンゼルスの口コミランキングで第1位を獲得※するなど、今最も注目されるカフェの1つです。


■フードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」とは
「TABETE」は、飲食店や販売店に存在する“まだ安全に美味しく食べられるのに捨てざるをえない状況にある食事”を美味しくお得に購入することによって「レスキュー」できるサービスです。

<利用状況>
現在、都内を中心に飲食店や惣菜店 約300店舗においてTABETEが導入されています。(2019年3月)ユーザー側(消費者側)の登録者数は10万人を超え、20~40代の働く女性を中心とした多くのユーザーが廃棄の危機にある料理を「レスキュー」しています。

飲食店や販売店におけるフードロスは完全な対策を取るのが難しいと言われており、TABETEはこの課題に対して「フードシェアリング」の形で社会的な取り組みを行う国内唯一のサービスです。(2019年3月)

■会社概要
社名:株式会社コークッキング
本社所在地:東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイントビル3階
代表者氏名:川越一磨
事業内容:フードロス削減のためのwebプラットフォーム「TABETE」運営事業、イベント・ワークショップ事業、パターン・ランゲージ制作事業

代表電話番号:03-6453-6088
メールアドレス:contact@cocooking.co.jp
URL:https://cocooking.co.jp

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース

飲食店経営に役立つ!ノウハウBook無料配布中