深刻な人手不足問題の解消と生産性向上『ロボット倉庫マッチングサービス』

掲載日: 2019年06月12日 /提供:フジテックス

ECで事業を拡大する荷主・3PL企業向けのサービス『ロボット倉庫マッチングサービス』を本格的に開始。

株式会社フジテックス(本社:東京都新宿区、社長:大越卓)は、ECで事業を拡大する荷主・3PL企業向けのサービスとして、『ロボット倉庫マッチングサービス』を本格的に開始します。


ロボット倉庫マッチング
EC市場の拡大に合わせて、物流オペレーション業務が増大する一方、それに相反する形で人手不足が深刻化しています。EC市場が拡大することで、荷主にとっても、その委託を受ける3PL企業にとってもビジネス拡大のチャンスとなるはずが、人手不足から派生する出荷量制限による売上の抑制、採用経費・教育経費・人件費の上昇、さらに再配達問題も重なり、配送コストの上昇など、EC事業者・3PL企業両社にとって影響が深刻化してきています。

特に人手不足については、人口減少や少子高齢化が起因する、大きな社会現象として、企業が単独で解消・解決できる問題ではありません。そういった社会背景や今後の見通しを踏まえて、省人化、ロボット化により、飛躍的に生産性が向上した倉庫をEC事業者が活用することで、EC事業者はもとより3PL企業にとっても、人手不足問題の解消と、それによる収益改善・成長戦略の一助を担うサービスとして『ロボット倉庫マッチング』を展開していきます。

荷主・3PL企業ともに登録は無料、フジテックスがロボットを納入した3PL企業には、無料で本サービスの提供を行います。納入を行ってない場合でも、従量課金型でサービス提供を行います。

第一弾として、東京都江東区に新設される物流施設にて、佐川グローバルロジスティクスが運営するEC事業者向けのプラットフォームセンターを展開いたします。このプラットフォームセンターは、フジテックスが納入するギークプラス社の棚自動搬送ロボット、株式会社オカムラが納入するオートストアを完備した、シェアリング・フルフィルメントサービス型のCE事業者向け最新鋭のセンターとなります。

フジテックスでは、BtoCだけではなくBtoBにも対応した『ロボット倉庫マッチングサービス』を近日中に展開していくとともに、これからの社会変化に対応した、製品・情報・サービス提供を通じてお客様の成長の一助を担うべく、今後もサービスを展開して参ります。

■『ロボット倉庫マッチング』サービス詳細こちらから
https://www.chuko-matehan.com/logiplanners/robot_matching/



株式会社フジテックスについて

社名:株式会社フジテックス
東京本社:〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 住友不動産新宿ガーデンタワー 13F
創業:昭和53年8月
資本金:3億円
従業員数:150名
代表者:代表取締役 大越卓

提供元:PR TIMES

最新の卸・問屋ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら