日本初、カフェ型水族館「ジュエリーアクアリウム」にニッポンタブレットが導入

掲載日: 2019年06月15日 /提供:NIPPON Platform

~スマフォ決済で支払いがスムーズに~


埼玉県越谷市の大型ショッピングモール「イオンレイクタウンKaze」に、日本初のカフェ型水族館「ジュエリーアクアリウム」が6月12日オープンしました。
NIPPON Platform株式会社 (東京都品川区、代表取締役会長:高木 純、代表取締役社長:菱木 信介、以下 ニッポンプラットフォーム) は、自社開発しているQRコード決済も可能な「ニッポンタブレット」を、ジュエリーアクアリウムのカフェスペースに提供。
左からニッポンプラットフォーム菱木 信介と主催者の皆さまと
メディアが多く集まったお披露目会場では、ニッポンプラットフォーム代表取締役社長の菱木 信介が登壇し、「誰もが身近な場所で当たり前にキャッシュレス決済をしている世界を作る」と述べました。決済端末として「ニッポンタブレット」が選ばれたカフェの特徴は、キャッシュレス決済のお会計をAmazon Payに限定していることです。現在、Amazon Payはニッポンタブレットのみで決済できます。アマゾン会員でクレジットカード決済をしているユーザーであれば、初期登録の必要なくアプリから瞬時にAmazon Payで支払うことができます。



カフェ型水族館「ジュエリーアクアリウム」について
「ジュエリーアクアリウム」館内では、世界で最も高価な観賞魚とされる「アジアアロワナ」や、宝石のように美しい2,000匹もの魚を展示。ドリンクやスイーツなどの軽食を楽しみながら、優雅に泳ぐ、まるで“宝石のような”魚たちの姿を観賞できます。
夜には昼と異なる楽しみ方ができる「ナイトタイムツアー」も実施。該当チケット購入者840人限定で、空間コンセプトや魚の名前・生態などプロデューサーによる解説を聞きながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

【開催概要】
「ジュエリーアクアリウム」
開催期間:2019年6月12日(水)~2019年7月7日(日)
入場時間:10:00~20:00
開催場所:イオンレイクタウン Kaze 3F イオンホール(埼玉県越谷市レイクタウン4丁目2番地2)
入場料金:800円(小学生以下無料)

ジュエリーアクアリウムで利用できるニッポンタブレットの決済ブランド
Amazon Payのみ

ニッポンプラットフォームについて
「中小個人商店を中心とするおみせ活性化を起点とした地域創生・地方創生の実現」及び「日本をキャッシュレス化する」をビジョンに掲げ、タブレットの無償提供、QRコード決済アグリゲーションサービス、IPカメラを活用したおみせアナリティクス、インバウンド関連サービス、防犯・防災関連サービスなど、さまざまなおみせ活性化ソリューションを提供しています。

ニッポンタブレットで利用できる決済ブランド(2019年6月14日現在)
Amazon Pay, d払い(R), pring, atone, PAY ID, WeChat Pay, NETS Pay, DBS PayLah!, OCBC Pay Anyone, UOB Mighty

NIPPON Platform 株式会社
<本社>
〒141-0021 
東京都品川区上大崎2-14-5-3F

<H P>
https://nippon-platform.co.jp/

<代表>
代表取締役会長 兼 海外事業CEO 高木 純
代表取締役社長 兼 国内事業CEO 菱木 信介
 
<設立>
2016年10月

<資本金>
502,487,400円(資本準備金含む)

<事業内容>
スマート決済プラットフォーム事業、おみせプラットフォーム事業

<顧問>
橋田 浩一(PLR*1技術顧問)
東京大学 大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センター教授
*1自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
PDS (Personal Data Store) の一種で個人生活録(PLR: Personal Life Repository)のこと。

提供元:PR TIMES

最新の小売ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
スペインワイン&グルメフェア2019
メルマガ登録はこちら