「地方局再編必至の放送行政」と題して、株式会社オフィスN 代表 西 正 氏によるセミナーを2019年8月28日(水)SSK セミナールームにて開催!!…

掲載日: 2019年07月17日 /提供:新社会システム総合研究所

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏)は、2019年8月28日(水)にSSK セミナールーム(東京都港区)にて下記セミナーを開催します。

地方局再編必至の放送行政 ~地デジ4K化・五輪後の政策議論開始で想定される重大懸念事項~


セミナー詳細
http://www.ssk21.co.jp/seminar/re_S_19313.html

[講 師]
株式会社オフィスN 代表 西 正 氏

[日 時]
2019年8月28日(水) 午後2時~5時

[会 場]
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

[重点講義内容]
東京オリンピックが終わった後辺りから、地デジ4K化についての具体策が講じられ始める。色々なプランが検討されているが、漸く地デジ化を終えたばかりと思っている地方局には死刑宣告に近い政策である。
地方局のデジタル化が2006年頃から始まったが、丁度、今年、来年頃にかけて、マスターの更新時期が到来する。マスターは、15年ほどはもつが、最低でも10億程度の更新資金が必要になる。オリンピックが終わったら検討を開始するなどと悠長なことを言われたら、地方局の投資負担は増すばかりである。
年間の売上げが、20億から30億しかない局もある中で、マスターの更新費用を捻出しなければならず、そうした実状を全く勘案することなく、地デジ4K化の検討を数年間かけて行なわれていたのでは、地方局の資金計画など全く決まらないままで、マスターの更新を遅らせることが出来るかという論点もある。
もっと言えば、地デジを4K化する必要があるのかというところから議論していたのでは、地デジ化の時どころではない負担が地方局にのしかかる。そこまでして地方局の再編を行ないたいのかというところも疑問である。
地方局としては、投資計画を立てられるよう、せめて地デジ4K化の決断だけでも、今年度中に行なって欲しいところだが、おそらくオリンピックまでは行政も浮かれたままだろう。今の行政の計画通りに進めるとどういうことになるのかを解説するとともに、地方局が生き残って行く道を示唆することとしたい。

1.誰のための地デジ4K化なのか
2.地デジ4K化のメリット、デメリット
3.今の政策姿勢が続くと倒れる地方局が出てくる
4.同一県内、他系列局との統合も起こる
5.テレビ放送よりソサエティ5.0を優先させる亡国の政策
6.質疑応答/名刺交換



【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら