47都道府県の「地元ならではの味」をポテトチップスで再現 地元を愛するお客様・地方自治体・カルビーが共創 東京の味『ポテトチップス 深川めし味』 9月23日(月)発売!…

掲載日: 2019年09月18日 /提供:カルビー

あさりと味噌の風味がおいしい江戸から続く漁師めし!

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤 秀二)は、江戸時代より親しまれてきた漁師めしの味わいを再現した『ポテトチップス 深川めし味』を数量限定・期間限定で2019年9月23日(月)、東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨(8都県)で発売します。また、カルビーアンテナショップでも随時、販売予定です。商品は無くなり次第終了となります(11月上旬終売予定)。



【開発経緯】
カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトを発足し、2017年度、2018年度に47都道府県それぞれの地元の味を再現したポテトチップスを数量限定・期間限定で発売しました。3年目となる2019年度も、3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売します。

2019年度の第1弾となる東京の味『ポテトチップス 深川めし味』は、地元を愛するお客様からインターネット上で募集した味案をもとに、深川めし振興協議会や江東区役所の皆様のほか、地元在住で直木賞作家の山本一力氏等、深川を愛する皆様と一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定しました。お客様からは、様々なアイデアが出されましたが、江戸時代から伝わる味として根付いていること、ポテトチップスと味の相性も良いことから商品化しました。

【商品特長】


「深川めし」は、ざっくりと切った葱と生のあさりを味噌で煮込んで熱いご飯にぶっかけた、漁師の知恵から生まれた一品です。あさりやカキなど良質の貝類が多く獲れ、江戸時代には漁業で栄えた深川(江東区)で、手早く作れて船上で簡単に食べられる漁師の賄い飯として供され、その後家庭や飲食店等に広く普及するようになりました。農林水産省の「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれています。本商品は、あさりの旨みと味噌のだしが詰まったこの「ぶっかけめし」の味わいを再現したポテトチップスです。

パッケージは、料理写真を中央に配置して、味わいを想起させるインパクトのあるデザインにしました。江東区観光キャラクター「コトミちゃん」や背景に江戸三大祭りの一つと言われている「深川八幡祭り」の神輿と水掛けのイラストを掲載し、親しみを感じさせるとともに、裏面では、山本一力氏直筆のメッセージを掲載して深川の魅力を伝えています。

【開発担当者のコメント】
「深川めし」の上品かつあさりの濃厚な旨味が効いた味をポテトチップスで再現することは非常に難しかったです。ただの味噌ではなく、汁っぽさが感じられるようダシを効かせ、さらにあさりの旨味を味わえるように改良を重ねました。ぜひ、多くの方々にお楽しみいただければと思います。
9月18日、江東区深川江戸資料館にて新商品発表会を行いました。
商品名:ポテトチップス 深川めし味
内容量:55g
エネルギー:304kcal
JANコード:4901330537005
価格:オープン(想定価格 税込み130円前後)
発売日:2019年9月23日(月)
※実際の発売日は販売店によって多少遅れる場合がございます。
※店舗によっては、お取扱いのない場合や、売り切れで販売終了の場合がございます。
販売エリア:東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨
アンテナショップ:新千歳空港店・西武所沢店・ペリエ千葉店・原宿竹下通り店・東京駅店・海老名SA店・ジェイアール京都伊勢丹店・ららぽーとEXPOCITY店・心斎橋店・神戸ハーバーランドumie店・広島駅店・HAKATA店・沖縄国際通り店

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
スペインワイン&グルメフェア2019
メルマガ登録はこちら