ライトハンド・ロボティクスが日本法人を設立

掲載日: 2019年10月21日 /提供:ライトハンド・ロボティクス合同会社

~複数台のRightPick (TM) ロボットを株式会社PALTACの物流センターへ日本初導入~






ボストン(2019年10月21日):ロボティック・ピースピッキングソリューションを提供するリーディングカンパニーであるRightHand Robotics, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州サマービル、CEO: Yaro Tenzer、以下、ライトハンド・ロボティクス)は、日本での新しい法人「ライトハンド・ロボティクス合同会社」の設立を発表しました。日本支社は日本及びアジア太平洋の国々において急成長している需要に応えられるようにしていきます。

世界で2番目に大きい産業用ロボット市場だけでなく、世界で2番目に大きい小売部門としても、日本はサプライチェーンの自動化において重要な市場機会を示しています

。ライトハンド・ロボティクスにとって日本での最初の導入先が、日本で消費財卸最大手の株式会社PALTAC(以下、PALTAC)です。2019年10月10日にPALTAC(は最新設備を備えた物流センター「RDC埼玉」の立上げを通じ、日本市場にライトハンド社のピースピッキングソリューションを発表しました。埼玉県杉戸に位置するその物流センターは毎年2万SKU以上を保管し、高速かつ確実に幅広い商品をピックし投入できる複数台のRightPickロボットを備えています。

「日本初のマルチロボット規模のRightPick導入においてライトハンド・ロボティクス社と一緒に協力できて嬉しいです。」とPALTAC研究開発本部・本部長である三木田雅和氏は言います。「これから我々はロボットによるピースピッキングがよりサプライチェーンを最適化し、日用品、化粧品、ヘルスケア、医薬品の配送で顧客満足を向上できると期待しています。」

ライトハンド・ロボティクス合同会社の代表者は田村研三郎氏です。同氏は20年以上にわたり革新的な米国水準のテクノロジーを日本市場へ紹介してきた経験があり、アジア太平洋の地域本部としてサービス提供を先導します。また、同氏は以前、Cloudera株式会社のカントリーマネージャーとしてビッグデータや人工知能(AI - Artificial Intelligence)、機械学習(ML - Machine Learning)のプラットフォームの提供を手掛けてきた経験を有しています。

「ライトハンド・ロボティクス合同会社の設立を通じ日本市場へ進出することは我々のチームにとって大きな成果である。」とライトハンド・ロボティクス 共同創立者であるLeif Jentoft氏は言います。「日本は、ロボットによるピースピッキングにおいて大きく成長している市場です。田村氏のリーダーシップの下で存在感を示すことができれば、アジア太平洋地域におけるビジネスチャンスを増やし、我々のグローバル成長において極めて重要な役割を担うことを期待しています。」

ライトハンド・ロボティクスについて
ライトハンド・ロボティクスは、eコマースの注文処理(フルフィルメント)や倉庫内ロジスティクスにおいてのパフォーマンスや効率性を改善できるロボティック・ピースピッキングソリューションを提供するリーディングカンパニーです。そのプラットフォームは、広範囲のワークフローやプロセスの一部として商品単体をピッキングするという主要な役割を担う、ソフトウェア・ハードウェアを統合したソリューションです。この技術により、ビジネスでは、電化製品、アパレル、食料品、そして他の多くの産業における注文処理の費用を削減することができます。ライトハンド・ロボティクスは、コンピュータ・ビジョンや機械学習技術を活用して “掴む”知能を実現する事により、現実世界の問題を手がける目的でHarvard Biorobotics Lab(ハーバード大学・バイオロボティクスラボ)、Yale GRAB Lab(エール大学・グラブラボ)、MIT(マサチューセッツ工科大学)の出身者で構成された、DARPAチャレンジ優勝チームにより2004年に創業されました。会社は米国マサチューセッツ州ボストン近郊に本社があり、日本では東京にオフィスを構えています。詳細はwww.righthandrobotics.comを確認いただくか、会社の公式TwitterやLinkedInをフォローください。

株式会社PALTACについて
株式会社PALTACは、日本で化粧品、日用品、一般用医薬品の卸売業に従事しています。物流ソリューションや店舗ソリューションを提供し、海外にも東南アジア等へ商品を輸出しています。1898年に創業し、日本の大阪に本社を構えています。RightPickの導入のほか先進的なテクノロジーを採用し物流業務の自動化を推進しています。詳細はwww.paltac.co.jpをご確認ください。

提供元:PR TIMES

最新の卸・問屋ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら