飲食店と卸売業者をつなぐクロスマート、受発注サービス「クロスオーダー」を提供開始

掲載日: 2019年11月19日 /提供:クロスマート

~飲食店はLINEでの発注が可能に、テクノロジーで食をアップデート~

クロスマート株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:寺田佳史、以下「当社」)は、2019年11月19日より野菜・果物などの青果物に特化した受発注サービス「クロスオーダー」の提供を開始します。




◆ 取り組みの背景
2019年4月に開始した飲食店と卸売業者をつなぐプラットフォーム「クロスマート」では、これまでに約1億円分の納品伝票を収集し、データを蓄積してきました。これらのデータを分析したところ、青果物は他の食材と比べてFAXによる注文比率が高く、頻度も多いことが分かりました。また、大手に限らず様々な規模の卸売業者が青果物を取り扱っており、青果物の受発注プロセスに課題を感じている卸売業者が多いことが分かりました。
この受発注プロセスにおける課題を解決するため、当社は受発注サービス「クロスオーダー」の提供を開始します。


青果物に特化する理由
日本における国産青果物は約8割が卸売市場を経由して流通しており、その割合はこの10年間変わらず、卸売市場が重要なインフラとなっています。市場外流通である産地直送や直売所などの産直取引は、国産青果物の流通全体の1割程度しか行われていないのが現状です。
青果物の年間流通総額は野菜が約2兆5,000億円、果物が約7,000億円、青果物全体では約3兆円の市場規模となります。




◆ 受発注サービス「クロスオーダー」の3つの特徴
(1)野菜・果物などの青果物に特化
「クロスオーダー」は、青果物特有のデータを集計し、また基幹システムとの連携に適しています。
卸売業者は、品目ごとに自動集計された飲食店からの発注データ(スマホから閲覧可能)を基に、市場で商品を買い付けることができ、また余剰在庫を抱えるリスクを減らすことができます。

(2)基幹システムとの連携
お使いの基幹システムに合わせて、「クロスオーダー」のCSVフォーマットを変更することができます。

(3)飲食店への説明・導入支援
飲食店が「クロスオーダー」を導入する際には、当社が飲食店へサービスの説明・導入支援を行います。
受発注プロセスにおける課題は、飲食店および卸売業者両者の協力が不可欠であるため、当社では営業およびカスタマーサクセスによる丁寧なサポートを行ってまいります。


◆ 使い易さにこだわった機能
卸売業者:https://xmart.co.jp/xorder/supplier/


当社が飲食店へのサービス説明・導入支援を行います。
FAXでの受発注が減り、基幹システムに取り込みやすいCSVファイルでダウンロードできます。
特価品やおすすめ商品を飲食店に告知することができます。
PCでもスマホでも閲覧することができます。


飲食店:https://xmart.co.jp/xorder/shop/


LINEで発注することができます。
特価品やおすすめ商品の情報がLINEに届きます。
店長はスタッフをグループに招待することができ、スタッフの注文履歴が店長のLINEに届きます。


(卸売業者:PC管理画面イメージ)
(左から:飲食店の発注画面イメージ、LINEの発注画面イメージ)


◆ 代表取締役 寺田佳史のコメント
「クロスオーダー」は、これまでクロスマートをご利用いただいた多くの飲食店および卸売業者の声から生まれたサービスです。「毎日の受注作業が大変」「FAXを減らしたい」という卸売業者の受発注プロセスにおける課題を深く理解するため、何度も卸売市場に訪問して受注・買付作業を調査し、多くの業界関係者に話を聞かせていただきました。
一言に食材の受発注サービスといっても、食材のジャンルや卸売業者の規模により求められるサービスは異なりますが、当社は青果物から取り扱うことにしました。青果物は、流通総額3兆円を超える巨大な市場であり、また、FAXによる注文比率の高さや頻度の多さなど、受発注作業の課題も大きいことが理由です。現在は青果物に特化しますが、今後その他の食材も対応していく予定です。
「新たな価値を生み出す、食のマーケットプレイスをつくる」というビジョンをもとに、飲食店と卸売業者のインフラとなるサービスを目指してまいります。

■ 会社概要
会社名:クロスマート株式会社
代表取締役:寺田 佳史
取締役:西條 晋一
住所:〒103-8285 東京都中央区八重洲1-9-9 東京建物本社ビル5F
URL:https://xmart.co.jp

■ 本件に関するお問い合わせ先
担当:寺田 佳史、岡林 輝明
Tel: 03-4500-8221
E-mail: info@xmart.co.jp

提供元:PR TIMES

最新の卸・問屋ニュース

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について
メルマガ登録はこちら