“食事と一緒に楽しむ新ジャンル”『クリアアサヒ』良質な泡でおいしくお楽しみいただける中味にクオリティアップ!~食事と連動した販促の展開で、『クリアアサヒ』と一緒に楽しむ食卓シーンや飲用体験を演出~…

掲載日: 2019年12月10日 /提供:アサヒビール


 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、新ジャンルの主力ブランド『クリアアサヒ』の中味とパッケージデザインを、2019年12月中旬以降製造分より順次クオリティアップします。


 今回のクオリティアップでは、原材料の配合を見直しました。『クリアアサヒ』の特長である“クリアな後味” 、泡までおいしくお楽しみいただける中味を追求しました。
 パッケージデザインは、『クリアアサヒ』らしい黄色と白のツートンカラーはそのままに、缶体上部にグラスから溢れ出す泡のイラストを印象的に描きました。
 店頭では、“泡までおいしい『クリアアサヒ』”と一緒に楽しむ食卓シーンを提案する販促を年間通じて展開します。広告活動と連動しながら、季節ごとのテーマに合わせて大手食品メーカーなどとタイアップした景品付き商品を発売します。第一弾は、春の季節にカレーと一緒に『クリアアサヒ』をお楽しみいただく提案として、景品内封商品を2020年2月26日(水)に発売します。

 『クリアアサヒ』は、2008年の発売以来“食事と一緒に楽しむ新ジャンル”として継続的に品質価値を向上しています。原材料を厳選するとともに、『クリアアサヒ』を製造する全工場のあらゆる工程で、良質な泡に寄与するタンパク質を可能な限り保ち、脂質酸化物の生成を低減させる醸造管理技術を活用することで、泡までおいしくお楽しみいただける中味に仕上げています。また、“食事との相性の良さ”を訴求する販促の継続的な展開により、食事と一緒に楽しめる新ジャンルとしてお客様からご好評をいただいています。

 アサヒビールは、今回のクオリティアップを通じて新ジャンルの主力ブランド『クリアアサヒ』の飲用価値向上を図ります。“泡までおいしく楽しめる新ジャンル”として食事と連動したプロモーション活動を積極的に展開することで、お客様がおいしくお楽しみいただける食卓シーンや飲用体験を演出します。

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース

2019年下半期アクセスランキング

メルマガ登録はこちら
通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について