ロックダウン継続中のインドにおいて 『essentials』 『Fresh & Ground』 計210店舗営業再開

掲載日: 2020年05月22日 /提供:インパクトホールディングス

~『essentials』はVIJAYANAGAR NEW店が新規オープン、累計出店46店舗~

 流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067、以下「当社」)が出資を行い、Coffee Day Econ Private Limitedがインドで展開するコンビニ 『Coffee Day essentials』 は、2020年5月20日(水)に46店舗目となるVIJAYANAGAR NEW店(キヨスク業態)が新たにオープンいたしました。政府の通達で営業が禁じられているオフィス立地の1店舗を除き、全46店舗のうち45店舗の営業を再開しております。


 また姉妹ブランドで、コーヒー豆等の販売を行っている 『Coffee Day Fresh & Ground』 は、全339店舗のうち165店舗の営業を再開し、ロックダウン(都市封鎖)継続中のインドにおいて、 『Coffee Day essentials』 と 『Coffee Day Fresh & Ground』 合わせて計210店舗の営業を行っております。


◆ VIJAYANAGAR NEW店 店舗情報

店舗名 : VIJAYANAGAR NEW店(キヨスク業態)
所在地 : NO.5/E,14TH MAIN ROAD,VIJAYANAGARA
営業時間 : 07:00~19:00
オープン日 : 2020年5月20日(水)




VIJAYANAGAR NEW店は、住宅街、学校に隣接しており、人通りが多いマーケット内に立地しております。


◆ ロックダウン解除後に向けて

 インドの中央政府、州政府の政策により、ロックダウンは5月末まで継続予定であるものの、外出規制、店舗営業規制は緩やかになりつつあります。店舗近隣で新型コロナウイルス感染者が発生した場合、当局から急遽閉店命令が出ることもありますが、近隣住民の皆様の生活を少しでも便利なものとすることが我々の使命であると捉え、営業が認められているエリアにおいて生活必需品を取り扱う店舗として 『Coffee Day essentials』 と 『Coffee Day Fresh & Ground』 合わせて計210店舗の営業を再開しております。
 また、インド国内で高まりつつあるデリバリーサービスの需要に応えるべく、2020年4月にサービス導入を行ったデリバリーサービス 『DUNZO(ダンゾー)』 以外のデリバリーサービス事業者との取り組みに向けて交渉も進めております。近日中に新たなデリバリーサービスの導入を行う予定です。

 ロックダウン解除後は、既存店舗の迅速な通常営業への回復、州政府からの通達により一時中断となっている新店舗オープンに向けた工事の再開を予定しております。現在は新規工事着工に向けて店舗設計図、展開商品の棚割り等の作成を進めております。
 また、夏以降にリリースを予定している自社アプリの開発を加速させ、自社アプリリリース以降は、アプリをプラットフォームにデリバリーとピックアップサービスを中心とした顧客サービスを拡充し、より利便性を高めてまいります。


◆ インパクトホールディングス株式会社 会社概要

社名 : インパクトホールディングス株式会社 (東証マザーズ・証券コード:6067)
事業内容 : 流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業。消費財メーカー向け営業アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP展開。調査インフラとして、全国47都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28万人を超える。
設立 : 2004年2月
資本金 : 1,325百万円 ※2020年3月末時点
代表者 : 代表取締役社長 福井 康夫
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 1,372名(うち正社員 445名) ※2020年1月末時点
コーポレートサイト : https://impact-h.co.jp/
サービスサイト : https://impact-h.jp/

提供元:PR TIMES

最新の小売ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら