カルビー 最新鋭マザー工場新設に向けて広島県と立地協定締結

掲載日: 2020年05月25日 /提供:カルビー

創業の地で2023年度着工・2024年度稼働開始予定

カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤秀二、以下カルビー)は広島県広島市佐伯区に新工場を建設する計画を決め、2020年5月20日、広島県と立地協定を締結しました。将来的には、同県内の既存2工場の機能を新工場に移転・集約する計画です。この新工場は、広島港五日市地区の新規造成地に所在し、面積は当社最大規模の100,000平方メートル となります。


2023年4月にスタートする第1期計画で建設する新工場は、2024年4月の操業開始を予定しており、現在の広島西工場の機能が移転します。既存施設の老朽化への対応に加え、商品需要の拡大や労働力不足に対応すべく、設備の自働化や生産効率の向上を進めるほか、省エネルギーによる環境負荷の低減を図ります。
更に新工場を、創業の地たる広島県における、人財育成やお客様とのコミュニケーションを深める拠点として活用することを計画しています。

新工場は、既存商品の生産に留まらず、デジタルトランスフォーメーション(DX)等の先端テクノロジー導入による技術開発や新商品の創出など、最新鋭マザー工場の役割も担っていきます。この拠点での成果を他工場の生産現場にも展開することで、グループ生産部門全体の競争力向上を目指します。カルビーは、今般の立地協定締結を新たな一歩として、中期経営計画で掲げる、「事業環境の変化に対応した基盤作りを通した変革と挑戦による持続的な成長」の実現に向けて取り組んでまいります。

【広島港五日市地区分譲地】




【当社グループの国内生産拠点】


【カルビーグループの長期ビジョン「2030ビジョン」】


広島市で創業して70周年となる2019年5月、カルビーは、2030年に向けた長期ビジョン「Next Calbee 掘りだそう、自然の力。食の未来をつくりだす。」と、このビジョン実現に向けた中期経営計画(2020年3月期~2024年3月期)を策定しました。この計画をもとに、カルビーは多様化する顧客ニーズを掘り起こし、新たな価値を提供し続けるとともに、海外事業の成長を加速させ、新たな食領域への事業拡張に挑戦します。また、社会との共創により社会的課題を解決し、持続可能な地球環境に取り組んでまいります。

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら