飲食店向け:新型コロナ対策&HACCP対応衛生管理コンサル開始します

掲載日: 2020年06月01日 /提供:合同会社はじまりビジネスパートナーズ

補助金も活用して低コストでワンストップな便利な飲食店向けコロナ対策の提供

中小企業診断士やHACCP関連資格有資格者が中心となって運営している、コンサルティング会社である合同会社はじまりビジネスパートナーズ(本社:東京都豊島区、代表社員:白川 淳一、以下 はじまり)は、飲食店などを中心としたコロナ後の事業再開の条件でもある「新しい生活様式」に対応した飲食店経営をするための支援メニューとして「新型コロナウイルス対策パッケージ」を開始します。


◆支援メニュー開始の背景
新しい生活様式の飲食店版では「入店される方の体温チェックや手指の消毒」「大皿料理の中止」「テーブルの間の距離の確保」など、これまでとは異なる対策を求められるようになりました。さらに2020年6月からはHACCPの制度化が始まり、規模によらずどの飲食業においても「衛生」の二文字を意識していかない限りには経営が立ち行かなくなってきています。

◆店内でなくデリバリーやテイクアウトの広がりも
さらに、デリバリーやテイクアウトはこれまでの店舗内ですぐ食べてもらうという様式に比べて、格段に食中毒のリスクが高まる方法ですが、飲食店の生き残り策としてこれらの手法を導入しないことには経営は立ちゆきません。一方で、ひとたび食中毒を出せば経営の継続がより危ぶまれる事態になります。

◆導入するコンサルティングメニュー
はじまりでは、これら課題を解決するために、「新型コロナ対策コンサルティング」と「HACCP対応衛生管理コンサルティング」のメニューを提供することにしました。(詳細:http://column.hajimari.co.jp/corona-haccp

新型コロナ対策コンサルティング

「新型コロナ対策のマニュアル、教育資料」「店舗のレイアウト、空調等の診断・助言」「従業員教育、研修会(場合によってはビデオ対応)」や必要な資材・機材の提供をするメニュです。価格は10万円(税抜き)~


HACCP対応衛生管理コンサルティング

こちらは従前より提供しているHACCPの飲食店向け導入コンサルティングのメニューです。大事なポイントでしっかりと利くHACCPとは何かを指導し、簡単な記録帳票や記録のクラウド管理システムを提供します。

◆診断士ならではの補助金や資金調達の提案も
はじまりでは、小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金といった補助金の提案や民間・政府系の金融機関の融資支援にいたるまで、中小企業診断士の目で皆様の会社に必要な資金の調達もお手伝いして、このコロナ禍を生き残る大事な「お金」の相談もいたします。

【合同会社はじまりビジネスパートナーズについて】
合同会社はじまりビジネスパートナーズは、中小企業診断士、ITコーディネーター、HACCPコーディネーターなどの様々な有資格者が在籍しており、「多角的な視点」で食品事業者の経営改善や販路開拓、衛生管理に至るまでワンストップの支援を提供する会社です。

代表者 : 代表社員 白川 淳一
設 立 : 2019年1月7日
出資金 : 1,900,000円
売上高 : 15,000,000円(2019年度、他事業も含む)
本社所在地 : 東京都豊島区駒込7-17-12-1F
URL : https://hajimari.co.jp/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら