複合リゾート施設 O Park OGOSEに地元・埼玉の食材を多彩に使ったレストランが 6月1日オープン!

掲載日: 2020年06月01日 /提供:温泉道場

埼玉の食材を美味しく、美しく表現する「おやさいダイニングRestaurant MORINIWA」

株式会社温泉道場(埼玉県比企郡ときがわ町)が運営する複合リゾート施設「BIO-RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(埼玉県入間郡越生町)内に、2020年6月1日、新たに埼玉県産食材を多彩に使ったレストラン【おやさいダイニングRestaurant MORINIWA】がオープンしました。




埼玉県産の食材にこだわり、さいたまヨーロッパ野菜研究会のさいたまヨーロッパ野菜や、深谷市Y‘sフラワーのエディブルフラワー、上里町角谷養鶏場の卵、お肉は彩の国黒豚、そして地元越生町からは山口農園さんの梅とお米、越生こだわり豆腐藤屋の豆腐をメニューに取り入れています。

さいたまヨーロッパ野菜研究会
Y‘sフラワー
埼玉の食材を美味しく、そして美しく表現し、ご来店いただいたお客様をおもてなしいたします。レストランの大きな窓から見える里山の風景とともにお楽しみください。O Park OGOSEは宿泊部門も強化しており、県外のお客様にも広く埼玉のことを知っていただきたい、地産地消で埼玉県と越生町を盛り上げていきたいと考えています。


■BIO-RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE (オーパークおごせ)
ビオトープの世界が紡ぐ0から始まる物語。森に囲まれた自然豊かな土地・越生(おごせ)のO Parkは、人と生物が共生する場所です。森の空気を感じながらバーベキューで盛り上がったり、木漏れ日の下でお昼寝をしたり、夜にゆらめくランタンの優しい光の中でおしゃべりをしたり。きっと特別な日になる、ビオトープの世界でお待ちしております。
https://opark.jp/



■株式会社温泉道場
2011年3月創業。埼玉県を中心に「おふろcafé(R)」ブランドをはじめとする温浴施設や、リゾート施設の運営やコンサルティング、地域事業投資再生支援を行う。「おふろから文化を発信する」の企業理念の下、業界での新たな価値創造、地域活性化への貢献、人材の育成を目指して活動しています。
http://onsendojo.com/

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら