宮川大輔さん谷まりあさんがオンラインクッキングを実施『今すぐ出来る!シェフ山野辺の最強豆腐レシピ!』開催

掲載日: 2020年06月01日 /提供:さとの雪食品

谷まりあさん初の麻婆豆腐づくりで「おいしくなーれ」のおまじない披露 宮川大輔さんも「幸せや口の中!」と大興奮!


 さとの雪食品株式会社(本社:徳島県鳴門市、代表取締役社長:植田 滋)は、新型コロナウィルス感染症の一日も早い終息へ向け、必要な支援策を検討し「STAY WELL AND EAT TOFU」プロジェクトを開始。プロジェクトの一環として、5月31日(日)15時より、ZOOMアプリを使った1,000人限定のオンラインクッキング『今すぐ出来る!シェフ山野辺の最強豆腐レシピ!』を実施しました。
 イベントでは、ミシュランガイド東京で2年連続一つ星を獲得した「銀座 やまの辺 江戸中華」のオーナーシェフ山野辺仁さんを迎え、宮川大輔さん、谷まりあさんと共にとっておきの豆腐レシピを紹介しました。



谷まりあさんが麻婆豆腐づくりに初挑戦!

 挑戦するメニューは、冷蔵保存で約6ケ月の長期保存が可能なさとの雪の「富士山の清流とうふ」を使用して、山野辺シェフ直伝の最強の中華料理「悶絶!麻婆豆腐」と誰でもお手軽「よだれ冷奴」の2品の豆腐料理。宮川さんは「山野辺シェフのお店は超有名店だから、そんな山野辺シェフと一緒にできるので今日は本当にありがたいですしテンションあがってます!」と開始早々大興奮。谷さんは、自身初となる麻婆豆腐づくりに「普段はあんまりしないです。ステイホーム期間中はしていたんですけど、麻婆豆腐は作ったことないので今日本当に楽しみです!」と意気込みを語りました。


まさに悶絶!本場さながらの麻婆豆腐に「自分がこんな料理作ってるなんて信じられない!」

 山野辺シェフより「料理が美味しそうに作れた方は僕のお店に招待します!」という話が出ると、宮川さん、谷さんは大はしゃぎ。普段自宅でも料理をするという宮川さんは「家でもやりますし、昔アルバイトでロシア料理屋の厨房で働いてたんで、頑張ります!」と気合を入れる一方、あまり料理をしないという谷さんは「絶対勝ちたい!!シェフに会いたいです!」と負けじとやる気を見せました。早速料理をスタートすると、宮川さんは慣れた手つきで昔のアルバイト経験を活かした華麗な包丁さばきを披露するも、シェフより先に進めてしまい「宮川さん先に進めないでください!」とシェフからツッコミが入るシーンも。谷さんも慎重に料理を進めていき、「自分がこんな料理作ってるなんて信じられないです(笑)おいしくな~れ!おいしくな~れ!」とおまじないを口ずさみながらオンラインクッキングを楽しんでいる様子でした。
調理中、「好きな男性のタイプは?」と質問されると、谷さんは「料理ができる人は良いですよね!一緒に料理したいですし、教えてほしいです。シェフと大輔さんだったらシェフと料理したいです!」と答えてくれました。谷さんの料理が完成し、作った料理を試食すると「本場っぽいですね!豆腐の中に味が染み込んでいて、本当においしいです!」と満足気な様子で感想を述べました。「銀座 やまの辺」の招待を掛けた戦いは谷さんが勝利。山野辺シェフは「料理をあまりしたことがない中でも、包丁の使い方とのみ込みの速さが良かったです」と谷さんの料理を絶賛していました。最後は「すごく簡単だったので、是非皆さんもやってみてください!」と宮川さんのコメントでイベントを締めくくりました。


当日の様子




◆オンラインクッキング『今すぐ出来る!シェフ山野辺の最強豆腐レシピ!』イベント概要
・実施日時  :2020年5月31日(日)15:00~16:00
・出演者 :宮川 大輔さん、谷 まりあさん、山野辺 仁シェフ 


レシピ詳細

【悶絶!麻婆豆腐】
1.・各食材をカット
・肉味噌作り
2.豆腐(2 丁)を一口大にカットする。
3.深めのフライパンでカットした豆腐をお湯でボイルする。
その際に塩を少々いれる。芯までボイルしたらざるにあける。
4.先程と同じフライパンに油(大さじ2)をひく。

・豆板醤(大さじ1.5)を炒める。
・豆?醤(大さじ1)を加え炒める。
・中華スープ(160g)を加える。
・肉味噌(120g)を加える。
・ざるにあけた豆腐を加える。
・みじん切りしたネギ(15g)を加える。
・葉ニンニク(15g)を加える。
※葉ニンニクがない場合は青ネギで代用。
5.火を止めて、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ2・水大さじ2)を半分入れる。
もう半分も加えたら、ラー油(大さじ2)・山椒油(大さじ1.5)を加える。
6.最後に山椒粉を適量ふりかけて、完成。


【よだれ冷奴】
1.特製たれ作り
2.
・10 等分にカットした豆腐(1 丁)にザーサイ(35g)をのせる。
・たれ(大さじ2)をかける。
・ネギ(15g)をのせる。
・砕いた柿の種(10g)をのせる。
・ラー油(大さじ1)をかける。
・芽ネギを適量のせて、完成。


「STAY WELL AND EAT TOFU」プロジェクトについて



「STAY WELL AND EAT TOFU」プロジェクトは、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の対策支援のために立ち上げたプロジェクトです。新型コロナウイルス感染症の救援のために社会貢献活動に取り組んでいる「日本赤十字社」への寄付、および、外出自粛における皆様の食生活サポート活動を行います。
URL: https://www.satonoyuki.co.jp/news/1754/


会社概要

「日本の伝統食品の豆腐を手作り本来の味そのままに全国の皆様の元へお届けする」さとの雪では、1973年の創立以来、「大豆」「にがり」「水」にこだわり、安心で安全なおいしい豆腐づくりを続けてきました。素材が持つ風味や、うま味を最大限に引き出すため、原料選定から出荷・販売までの各部門で、さまざまな取り組みを行っています。
豆腐を中心とする大豆加工食品の提供を通じて、皆様の健康な食生活を応援し、新たな食文化の創造と発展に貢献したいと考えております。
HP:https://www.satonoyuki.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/satonoyuki
Instagram: https://www.instagram.com/eat.tofu/
Twitter: https://twitter.com/satonoyuki1

箱とうふ「富士山の清流とうふ」について


保存料を一切使用せずに賞味期間180日を実現させた「充填とうふ」です。独自の豆乳殺菌システムにて製造した豆乳を“にがり”(凝固剤)と合わせ、空気や光を通さない特殊な紙パックを使って製造した製品です。
※本商品は通販専用商品となります。
【販売先】
当社ECサイト「おとうふ宅配便」にてお買い求めいただけます。
https://www.shopping-satonoyuki.com/)

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース

[新型コロナウイルス対策]助成金・補助金申請支援



メルマガ登録はこちら