客足を戻す飲食店の試み。抗菌・抗ウイルスで安心を。

掲載日: 2020年06月30日 /提供:ダイヤニウム

大打撃を被った夜の街。抗菌・抗ウイルス施工で客足は戻る?戻らない?

愛知県発・接触触媒ベンチャーのダイヤニウムがバーとクラブを抗菌・抗ウイルス施工。 施工後3週間での客足はどのように推移したのか。 様々な抗菌・抗ウイルスコーティングがある中で、何を選べばいいのか。その基準を解説。


 新型コロナウイルスによって客足が遠のき、大打撃を被った日本有数の歓楽街、名古屋錦。

 愛知県発、接触触媒ベンチャーの株式会社ダイヤニウムは地元のバーとクラブにおいてSIAA登録のダイヤニウムシリーズで抗菌・抗ウイルス施工を行いました。

 抗菌・抗ウイルス業界において様々な会社、サービスがある中で、一般の方々が本当に安心できるものを選ぶことが非常に難しくなってきています。特に、製品の安全性と効果については厳しい基準を満たしたものであるかどうかが非常に重要で、本邦ではSIAA(一般社団法人抗菌製品技術協議会)の基準がまさしくそれに該当すると考えています。株式会社ダイヤニウムは企業としてもSIAAに加盟し、全製品を登録済み。安全性および効果が実証された製品を利用して抗菌・抗ウイルス施工を行っています。

 今回施工を行ったのは、名古屋「錦」でスタイリッシュなバーとして中川将一オーナーが経営する有名な「gossip」と、高級なクラブ、社交場として夏目梨央ママが切り盛りする「CLUB SALON」の2店舗です。

錦3丁目 gossip
「gossip」 抗菌・抗ウイルス施工の様子。

 インタビューにて中川将一オーナーは、今回ダイヤニウム施工を決めた理由をこう語っています。
「お客様に楽しんで頂くことが目的の場所において、少しでも安心感を抱いて頂くことが重要と思った。今回ダイヤニウムで抗菌・抗ウイルスの施工を行い、それをSNS等で拡散したことで今までお世話になっていたお客様方が戻り始め、新しいお客様もきている。今はとにかく早く取り組んで、早く体力を回復し、第2波に備える必要があると思った。新型コロナのような非常事態時においては皆で我慢し、自粛することも大切だが、自粛することが当たり前ではなく、来ていただく側が安心できる環境を整備することが本質的には当たり前で、重要だと思う。」

gossip
https://gossip-nagoya.com/
愛知県名古屋市中区錦3-19-26
ATS錦ビル3階 (個室・カラオケあり)


錦3丁目 CLUB SALON
「CLUB SALON」抗菌・抗ウイルス施工の様子。

 インタビューにて夏目梨央ママは、今回ダイヤニウム施工を決めた理由をこう語っています。
「私たちが働くこの業界は今回の新型コロナウイルスでクラスターが発生してしまったという事もあり、営業することができない期間がながく、皆大変な思いをしました。立場のある方々の社交場として店の衛生管理は常に気を使っているものの、営業できないという状況は本当に苦しかったです。少しでも安心して過ごしていただける場所にしたいという思いから今回ダイヤニウムで抗菌・抗ウイルスコーティングを行いました。来ていただく方だけでなく、働いてくれる女の子たちにとっても安全な職場環境を準備することが大切だと思っています。まだ錦にも以前のような活気はありませんが、当クラブには安心してくることが出来るというお声を沢山いただいています。」

CLUB SALON
http://www.club-salon.net/
名古屋市中区錦3丁目8-1
OASIS錦 7階(メインフロア)6階 (V.I.Pフロア・カラオケ有り)

株式会社ダイヤニウムでは、一刻も早く抗菌・抗ウイルス施工を普及するため、施工・販売の特約店を広く募集しています。

加盟についてのお問い合わせ・お申込みは下記問い合わせフォームより24時間365日受け付けております。
https://www.dianums.com/contact/


ダイヤニウムの原理
 株式会社ダイヤニウムが提供する接触触媒「ダイヤニウム」は、抗菌・抗ウイルス・防臭・防カビ機能を特徴とする製品で、「光のいらない、光触媒のようなもの。抗菌・抗ウイルス環境をつくる次世代の触媒」と捉えて頂ければわかりやすいです。塗着成分入りで吹付対象の最表面にしっかりと塗着させるタイプ、塗着成分無しのタイプ、ガラスコーティング剤を使用したタイプ等様々なラインナップを取り揃えており、そのすべてでSIAA登録済み。あらゆる対象物・場所に最適な抗菌・抗ウイルス化施工が可能です。

 「ダイヤニウム」は地元の中部経済新聞、Yahooニュースなど多くのネットニュースにも取り上げられ脚光を浴びており、「抗菌・抗ウイルス業界」の注目企業として活動しております。
※ 詳しい情報はホームページをご参照ください。 https://www.dianums.com/
※ 光触媒ではありません。
ダイヤニウム

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら