アビタスUSCPA全科目合格者4,000人突破 米国公認会計士資格講座

掲載日: 2020年08月01日 /提供:アビタス

国際資格の専門校アビタス

国際資格の専門校アビタス(本社東京都渋谷区、代表三輪豊明)は1日、U.S.CPA(米国公認会計士)講座受講の全科目合格者が、累計で4,000人を突破したと発表しました。U.S.CPAは、米国の会計士資格でありながら日本で受験でき、ファイナンスや法律、ITまで幅広い知識を得られる世界で通用するビジネス資格です。アビタスは1995年7月の創業から一貫してU.S.CPA取得をサポートしており、三輪代表は「4,000人の合格実績は受講いただいた皆さまの努力があってこそ。これからも受講生の目標達成のために力を尽くしたい」とさらなるサービス向上を目指す意気込みを語っています。記念キャンペーンの情報はこちらから。https://www.abitus.co.jp/uscpa/





就活を意識した大学生にも広がり
U.S.CPAは、会計を中心とした幅広いビジネス知識と高い英語力を証明できる資格として世界で広く認知されています。試験は分野ごとに4科目(FAR、BEC、AUD、REG)で構成され、コンピュータ試験でいつでも受験が可能です。2011年から日本で受験が可能になったことで日本人の受験者も増え、近年ではビジネスパーソンだけでなく、大学生がコンサルティングファームや商社、外資系企業への就活を意識して学習する姿も目立っています。


オンライン説明会毎週開催
アビタスのU.S.CPAプログラムは教材とサポートが特徴です。日本語教材(英語併記)を独自開発しており、オンラインだけで講義視聴、問題演習、単位試験受験などを可能にする受講環境やツールを実現しています。英語での手続きに不安がある方のためのマニュアルや、合格者の転職支援まで幅広いサポートもあります。
アビタスU.S.CPAプログラムの説明会は、オンラインを中心に毎週開催しており、日本国内外から毎週多くの方が参加しています。申し込みから学習までオンラインで完結できるのがアビタスの特徴ですが、オンライン説明会が加わったことで、学習の検討からスマホ1台で完結できるようになりました。説明会は録画ではなく生中継型で最新情報を盛り込んでいます。参加者からは「コンパクトにまとまっており分かりやすかった」「直前に予約して参加できたのでよかった」と好評を得ています。オンライン説明会参加者には、「財務会計(FAR)」の講義動画サンプルをプレゼントしています。ご予約はこちらから。https://www.abitus.co.jp/uscpa/

新宿本校、八重洲校、大阪校の校舎での説明会も行っています。
説明会では、アビタスのアドバイザーが

U.S.CPA資格の特徴
必要単位の取得ができるオンラインプログラム
スキマ時間も活用できる独自のオンライン教材

など、実際の学習イメージをつかんでもらえるよう解説します。「会計知識が無くても大丈夫か?」「英語力は必要か?」「仕事と学習を両立できるか?」など、説明会後にはそのまま個別相談にも対応しています。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、アビタス新宿本校、八重洲校、大阪校各校は窓口業務を短縮しております。
新規お申し込み、ご受講、お問い合わせなどにつきましてはWEBサービスも拡充して承っています。


【株式会社アビタス】
本社所在地:東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー15階
代表者:代表取締役 三輪 豊明(みわ・とよあき)
事業内容:教育事業(米国公認会計士、公認内部監査人などの社会人向け国際資格プログラムを展開)
人材事業(人材紹介;厚生労働大臣許可 13-ユ-302408
人材派遣;厚生労働大臣許可(派)13-302848)
設立:1995年7月
資本金:7,000万円
主な実績:米国公認会計士(U.S.CPA)合格者約4,000人輩出、公認内部監査人(CIA)合格者約2,800人輩出など
事業所:本社(新宿本校)、八重洲校、大阪校
https://www.abitus.co.jp/

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら