8月4日は「栄養の日」ゼスプリ「栄養の日・栄養週間 2020」を特別協賛

掲載日: 2020年08月04日 /提供:ゼスプリ インターナショナル ジャパン

「ヘルシーは楽しもう」キャンペーン 森三中起用の新聞広告も展開



ゼスプリ インターナショナル ジャパン株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:安斉一朗)は、公益社団法人日本栄養士会が展開する「栄養の日・栄養週間 2020」へ、昨年に引き続き本年も特別協賛いたします。
また、8月4日「栄養の日」に、「ヘルシーは楽しもう」キャンペーンの一環として、森三中とキウイブラザーズ共演の新聞広告を掲載いたします。


「栄養の日・栄養週間2020」特別協賛

「栄養の日・栄養週間」の取り組みは、2017年より開始し、今年で4年目を迎えます。
本活動は、国民の食・栄養の課題を解決するために、管理栄養士・栄養士の活動の場で、国民運動として推進していくという理念を持ち展開しています。そこでゼスプリは、「キウイフルーツという小さな果実の恵みを通じて、世界中の人々・コミュニティ・環境の発展に大きく貢献するということ」というブランドのパーパスと合致することから、特別協賛を実施する運びとなりました。

「栄養の日・栄養週間」について
全ての人びとの健康の保持・増進を実現するために、2016年に公益社団法人日本栄養士会が、「栄養の日(8 月4 日)」、「栄養週間(8 月1 日~8 月7 日)」を制定しました。

「栄養の日・栄養週間」の趣旨
・現代の多様化する食・栄養課題に対して、正しい情報、エビデンスのもとに、正しい食生活の実現に努める。
・国民の健康・福祉の向上を図り、社会活動の充実に努める。
・食卓に笑顔があふれ、健全な心身を育み、そして一人ひとりが自己実現を叶える、元気な未来の日本をつくる。

「栄養の日・栄養週間2020のテーマ「栄養のチカラで、感染症に負けない!」
これまで「栄養ワンダー」を通じて全国20万人へキウイフルーツの提供を行ってきましたが、4 年目となる本年は、『栄養をたのしむ-「栄養のチカラ」で、感染症に負けない!-』を統一テーマに、オンラインで開催いたします。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、世の中のニーズは大きく様変わりし、感染症予防とその対応が優先とされています。日本栄養士会は、新型コロナウイルス感染症という社会課題に対し、健康なからだ作りを支える栄養への理解深化や適切な食生活の実践のための情報発信を特設サイトで実施します。

「栄養の日・栄養週間2020」特設サイト  https://www.nutas.jp/84/




#予防めし優秀レシピ 副賞プレゼンター
「栄養の日・栄養週間2020」では「免疫機能を低下させないで感染症の予防に役立つ食事」とし、約500 人の管理栄養士・栄養士が考案したレシピ、献立を紹介します。特別協賛スポンサーであるゼスプリは、8 月4 日「栄養の日」特設サイトで発表される、「#予防めし」の優秀レシピ賞副賞のプレゼンターとして参加致します。
https://www.nutas.jp/84/yobomeshi/


協賛背景
ゼスプリでは、長年、キウイフルーツに含まれる豊富な栄養素に関する啓発やキウイフルーツの健康効果に関する研究支援を海外・国内において積極的に取り組んでまいりました。
最近では、このような活動が、多くの専門家を通して、消費者にも理解が浸透してきております。
また、ゼスプリは2020年、これからも世界のキウイフルーツ市場をけん引し成長を続けるために、22年ぶりに、新しいロゴとともにブランドを刷新しました。新しく生まれ変わったゼスプリが、ブランドのパーパスとして掲げているのが、「キウイフルーツという小さな果実の恵みを通じて、世界中の人々・コミュニティ・環境の発展に大きく貢献するということ」です。
今年は新型コロナウイルスの感染症拡大を受けて、困難な状況の中でも営業を続けていらっしゃるスーパーや青果店で働く方々や、休校によりニーズが高まる子ども食堂、多くの感染者の方を受け入れている病院の医療従事者の方々の健康をサポートするための支援活動としてキウイをご提供する、「差し入れキウイ」というコミュニティへの取り組みを行ってきました。
そして、この度、「栄養の日・栄養週間2020」の活動を通じて、果物の正しい健康効果の理解を促進させ、日本国民の皆様の健康と食生活の改善に貢献すべく更なる活動を行ってまいります。


「ヘルシーは楽しもう」キャンペーン:8月4日「栄養の日」新聞広告掲出    

ゼスプリでは、話題のテレビCM「好きなことを楽しみながら」篇に続き、森三中を起用した「ヘルシーは楽しもう」キャンペーンを実施中です。コンセプトは、難しいというイメージがある「健康的な生活」を、誰もが楽しめるものに変えていくこと。森三中と一緒にキウイブラザーズが健康について考える新聞広告を掲載する他、ウェブサイトやインスタグラムで自分の好きなヘルシーを紹介できる「ARフィルター」や、ツイッターで健康に関する「究極の選択」に回答できるカンバセーショナルカードを展開中です。新聞広告は、読売・朝日・毎日・日経・産経新聞に掲載される15段広告の3回シリーズで、7月24日「スポーツの日」、7月26日「親子の日」に続き、最終回である本日8月4日(火)は、「栄養の日」に合わせて、黒沢さんがダイエットについての体験談を語ります。


8月4日(火)掲載「ダイエットは、やめよう。」



おやおや、こんなところに森三中の黒沢さん。
つらいダイエットに悩まされているようです。
すると、何か耳元でささやかれたような気がしました。
「好きなことなら、長続きするよ。」
彼女は気づくのです。
ダイエットは、キツくなくちゃいけないと思っていた。
でも、失敗ばかり。逆にリバウンドすることも。
大切なのは、楽しみながら、健康になることだった。
本日8月4日は、栄養の日です。
栄養について正しく学んで、
おいしくてヘルシーなものを食べませんか。
たとえば、甘くて栄養豊富な、
ゼスプリのキウイフルーツを。

#ヘルシーは楽しもう

■キャンペーンサイト「ヘルシーは楽しもう」 https://healthy.zespri.com/


<一般からのお問い合わせ先>
ゼスプリお客様相談室
TEL:0120-171491(受付時間9時~17時 土日祝日、年末年始除く)
メール:info.japan@zespri.com

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら