発売から87年目、おいしくてつよくなる!でおなじみロングセラーブランド「ビスコ」が15年ぶりにリニューアル

掲載日: 2020年10月01日 /提供:江崎グリコ

こどものすこやかな成長を願って「素材」と「おいしさ」の“Wイノベーション”を実現!

江崎グリコ株式会社は、1933年の発売から今年で87年になるロングセラーブランド「ビスコ」を、2020年10月6日(火)に、全国リニューアル発売します。「ビスコ」の大幅リニューアルは15年ぶりで、今回のリニューアルでは、こどものすこやかな成長のことを考えて「素材」と「おいしさ」の“Wイノベーション”を行いました。



「素材」と「おいしさ」のWイノベーションとは?



1.素材のイノベーション:シンバイオティクス
 シンバイオティクスとは、乳酸菌と、乳酸菌をサポートする食物繊維を一緒に摂っておなかにアプローチする考え方です。
 「ビスコ」のクリームには、“おなかで目覚め、生きたまま腸まで届く”という特徴を持つスポロ乳酸菌が配合されています。今回のリニューアルで「シンバイオティクス」に注目し、新たに食物繊維を加え、乳酸菌と一緒に摂れるようにしました。
他にも、「ビスコ」には成長期のお子さまのことを考えて、カルシウム、ビタミンB1・B2・Dを配合しています。


2.おいしさのイノベーション:ビスコ史上最大のクリーム量
クリームを増量して、“ビスコ史上最大のクリーム量”を実現しました。このクリームを、今までより更にサクッと香ばしく焼き上げたビスケットでサンドしています。ビスケットとクリームのバランスを見直すことによって、これまで以上に口どけの良さをお楽しみいただけるようになりました。
クリーム量25%アップ※
写真を見ていただくと一目瞭然の変化で、クリーム増量によるビスケットとクリームのバランスの変化が、口どけの良さにつながっています。お子さまが笑顔になるおいしさです。

※ビスコ(赤)の場合です
※クリームの増加率はビスコ各種によって異なります
※写真は、左が従来品、右がリニューアル品です

おいしくてつよくなる!「ビスコ」は、お子さまのことを考えた素材とおいしさによって、今後もお子さまのすこやかな成長に寄り添ってまいります。


商品概要






発売から87年。現在の「ビスコ」の坊やは5代目です

お子さまのすこやかな成長を願う「ビスコ」のシンボルとなる坊やですが、販売当時のお子さまにあわせてデザインしており、それぞれの時代や社会を映す鏡にもなっています。



提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース






メルマガ登録はこちら