岐阜県出身の若者3名が文化継承を目的にクラフトコーラ『ぎふコーラ』の製造を開始、第一弾となる薬草をブレンドしたコーラをクラウドファンディングで販売…

掲載日: 2020年10月19日 /提供:to U

300年の薬草文化が創り出す文化のコーラ

岐阜県・旧春日村で採れた薬草を使ったクラフトコーラを開発。10月19日(月)よりクラウドファンディングをスタートし、予約販売を開始しました。



クラウドファンディングサイトはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/319715

今回新発売するぎふコーラは、みなさんの抱く薬草のイメージをガラッと変える商品が出来上がりました。薬草が後味のすっきり感を作り出し、スパイスと調合することでバランスが取れ、大人も子供も飲みやすいコーラに仕上がりました。炭酸はもちろんのこと、牛乳で割ったり、ウィスキーやワイン、ジンなどで割るのも相性抜群です。

おうち時間が増えたいま、ご自宅でのカフェタイムや外でのキャンプ・ピクニック・日常のちょっとした贅沢に、友人や家族と一緒に飲んでいただきたいです。





揖斐川町旧春日村では、約300年前から織田信長がポルトガル宣教師の教えにより、伊吹山に薬草園を開拓し、約280種類もの薬草があったとも言われています。昔から薬草を煎じて飲むことで自分たちの健康を守ってきた文化があり、各家庭でブレンドし、『百草茶』として普段から飲まれていました。
高齢化や過疎化の中で、薬草を守る者/薬草を飲む人が減少傾向にあります。しかし今でも昔ながらの手法を守り受け継ぎながら、自分たちの健康を維持する旧春日村の方々の知恵。現在も家の軒先で薬草を干す民家。一つひとつ丁寧に生薬される薬草は、雑味も少なく飲みやすい薬草です。
そうしたその地に残る文化を少しでも継承する準備・手伝いをしたいとこのプロジェクトが始まりました。



後味すっきりで、飲みやすい。聖地・伊吹山で採れた薬草を配合。
今回は薬草の中でも、よもぎ・かきどおし・どくだみ・ヤブニッケィの4種類を入れ、誰でも飲みやすいクラフトコーラをTOMO's CRAFT協力のもと製造し、新しいジャンルのスパイス×薬草のコーラをつくりました。





本日10月19日(月)より開始するクラウドファンディングでは、ぎふコーラシロップはもちろん、特別な岐阜toセットや各メーカーさんとコラボしたここだけ限定のセット販売を行います。
11月29日(日)までとなっており、早割プランなどもご用意しております。
クラウドファンディングサイトはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/319715



クラウドファンディング内での限定コラボ3本セット

岐阜の宝・文化・特産を詰め込んだ健康薬膳ドリンク【ぎふコーラ】を作ることで、岐阜に古くから根付く文化への気付きの一歩にしたい。その第一弾として、薬草を使用したぎふコーラ造りが始まりました。

今回は西濃エリアに注目して、伊吹山の薬草クラフトコーラを製造しました。岐阜といっても大きく5つにわけられ、飛騨・中濃・東濃・岐阜・西濃と各地で特徴が異なります。それぞれのエリアとコラボして作っていくことで、大きな【ぎふコーラ】へと成長していきたいと考えています。



クラウドファンディング内容
・初リリース製造費 約90万円
・リターン発送費  約5万円
・諸経費      約5万円

スケジュール
2020年10月19日 クラウドファンディング開始
2020年11月29日 クラウドファンディング終了
2021年1月 ぎふコーラ製造開始
2021年3月 リターン品発送


何卒応援よろしくお願いします。


お問い合わせ先
本プロジェクトへのお問い合わせ(プロジェクトの詳細や取材受付窓口)は下記までお願いします。

TEL / 090-1830-2790
mail / gifucola91@gmail.com
(担当:片山)
HP: https://gifucola.com/

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら