食とアートを繋ぐ「アート体験型マルシェ」京急沿線日ノ出町~黄金町駅間の高架下で3月14日(日)開催

掲載日: 2021年02月24日 /提供:YADOKARI

~17の飲食店と5人のアーティストがコラボレーション~

YADOKARI株式会社(本社:神奈川県横浜市、共同代表取締役:さわだいっせい / ウエスギセイタ、以下YADOKARI)は、京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、取締役社長:原田一之、以下京急電鉄)との連携の下、横浜市日ノ出町・黄金町・初音町エリア活性化の一環として、京急線日ノ出町~黄金町駅間の高架下エリアにて、アート体験型マルシェ「FOOD ART STATION “Sense of Wonder” (素材への感性)」を、2021年3月14日(日)に開催致します。 ベーカリーやコーヒー専門店など17の飲食店と、黄金町にゆかりのあるアーティスト5名がコラボレーションする他、ダンスパフォーマンスやトークショーを実施します。食やアートを通じ、参加者の“驚き”や“感動”、そして“好奇心”といった感性が広がる体験をお楽しみいただけます。



【メインプログラム】アート体験型マルシェ
(パンとコーヒーマルシェ×Organic+インストラクション・展示)



“Sense of Wonder” (素材への感性)をテーマに、アートによるまちづくりが進められ、食の活動が活発化している、黄金町エリアで大人気のフードイベント「パンとコーヒーマルシェ」と、黄金町にゆかりのあるアーティスト5名のコラボレーションを実現します。

パン・コーヒー・オーガニックをそれぞれテーマとする飲食店が高架下に出店・販売を行い、販売ブースの一部にはアート作品やコンセプトなどを展示します。コラボレーション実施店舗の商品の受け取り時には、アーティストが作るインストラクション(購入したものをどのように食べるのかが書かれた指示書)を配布します。その店舗の素材に対するこだわりや、生産過程から受けたインスピレーションをもとに表現された独特な指示は、きっと食への新たなまなざしに気付かせてくれるでしょう。

出店店舗一覧


参加アーティスト(インストラクション・展示)

その他のプログラム


「FOOD ART STATION “Sense of Wonder” (素材への感性)」開催概要
https://culture.yokohama/event/1187/
【開催日】2021年3月14日(日)
【時 間】11:00 ~16:00
【会 場】日ノ出町~黄金町駅高架下
【申 込】申込不要・入場無料 ※当日整理券配布
【受 付】Tinys Yokohama Hinodecho
【主 催】京浜急行電鉄株式会社
【企画・運営】YADOKARI株式会社
【協 力】パンとコーヒーマルシェ、日ノ出町フードホール、Chair COFFEE ROASTERS
【問合せ】Tinys Yokohama Hinodecho(TEL: 045-334-8309)

各会場の感染症対策について
消毒や換気の実施や混雑回避のため入場制限など、感染症対策を徹底いたします。感染症対策や参加者へのお願いなどはイベントページをご確認ください。https://culture.yokohama/event/1187/

▼本プレスリリース/イベントに関するお問合せ先
YADOKARI株式会社 FOOD ART STATION運営担当宛
info@yadokari.net

運営会社について


YADOKARI株式会社
共同代表取締役:さわだいっせい / ウエスギセイタ
所在地:〒231-0066 神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先 Tinys Yokohama Hinodecho
https://yadokari.company/

事業内容
・各種メディアプロモーション企画制作
・暮らしの調査研究
・遊休不動産・可動産活用プロデュース
・建築リノベーション・設計施工
・まちづくり支援イベント企画運営
・各種施設の企画運営

暮らし(住まい方・働き方)の原点を問い直しこれからを考えるソーシャルデザインカンパニー「YADOKARI」。
暮らしに関わる企画プロデュース・調査研究・メディア運営、小屋・タイニーハウス企画開発、遊休不動産と可動産の活用・施設運営、まちづくり支援イベント、オウンドメディア支援などを主に手がける。また、世界中の小さな家やミニマルライフ事例を紹介する「YADOKARI(旧:未来住まい方会議)」、小さな暮らしを知る・体験する・実践するための「TINYHOUSE ORCHESTRA」、全国の遊休不動産・空き家のリユース情報を扱う「空き家ゲートウェイ」などを企画運営。250万円の移動式タイニーハウス「INSPIRATION」や小屋型スモールハウス「THE SKELETON HUT」を企画販売。自社施設として可動産を活用した日本初の高架下複合施設「Tinys Yokohama Hinodecho(グッドデザイン賞、ソトノバアワード場のデザイン賞)」、可動産イベントキッチンスペース「BETTARA STAND日本橋」を企画・運営。黒川紀章設計「中銀カプセルタワー」などの名建築の保全再生にも携わる。著書に「ニッポンの新しい小屋暮らし」「アイム・ミニマリスト」「未来住まい方会議」「月極本」などがあり日本以外にも中国、韓国などアジア圏での出版も多数展開。


京浜急行電鉄株式会社
代表者:取締役社長 原田一之
本社所在地:横浜市西区高島1丁目2番8号
http://www.keikyu.co.jp/

1948年6月1日設立。都心から川崎・横浜・横須賀・三浦半島までの東京湾の西側を中心に交通事業、不動産事業、レジャー・サービス事業、流通事業等を展開しており、事業の中心となる鉄道事業では本線、空港線、大師線、逗子線、久里浜線の5路線を運営し、通勤・通学の足として暮らしを支えている。ビジネス、国際空港、産業、住宅、観光など、都心から電車で1時間ほどのエリアに様々な顔を持つ沿線となっている。


提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら