海外食生活レポート

日本の技術提携が生み出した台湾の巨大企業~旺旺(ワンワン)

ヘレン  2015年07月13日

台湾で人気のある様々な旺旺のお菓子

日本の岩塚製菓にとっては、台湾の一青年が、真面目に一生懸命せんべいを作り、30年後には中国市場を天下に収めた旺旺集団総裁となり、毎年少なくない技術指導料、配当金などを得る事ができ(推定で毎年数十億円に上る技術指導料と配当を受け取っていると想像されます)、最高にすばらしいパートナーを得ることができたわけです。

海外進出も成功企業となった旺旺と共に歩む事ができれば、株主や銀行に対する安心感も期待でき、まさに大きな幸運を掴んだといっても過言ではないかと思います。

当時の日本側の社長(故)槇計作(まきけいさく)氏は本当にすばらしい英断をしたと言えましょう。まさか30年後には、本家本元の売上額をはるかに上回る大企業になるとは、当時は誰も想像していなかったに違いありません。

旺旺の躍進は米菓のみにとどまりません。先日、子供の運動会があり(台湾の学校は9月入学で、運動会は5月に行われます)、当日は30度を越す炎天下の中、父兄達が皆アイスを片手に見学していました。

旺旺の新製品、チューブ型のアイスは、
ソーダ味とマンゴー味の2種類

私もアイスを買いに学校のそばのコンビニに行きました。皆さんが買っていたのはチューブ型の旺旺のアイス。ついに、アイス市場への参入、しかも後発なのにコンビニで販売です。「やるなー」と感心するばかりでした。

台湾には、このように一代で大きな成長を遂げた企業家が少なくありません。また、起業することに貪欲であるとも思います。

日本と提携して成功する企業の成功例も多く、特に飲食においては、技術指導で得られる収入も今後は増えていくのではないかと思います。

自ら海外に進出するより、台湾の現地に任せて大きな成功を掴む可能性は、まだまだ十分期待できる市場と考えます。

技術のある企業は、提携できそうな会社を探してみるのは一計かと思いますよ。

執筆者プロフィール

ヘレン 

東京生まれの日本人。日本で会社員生活を経たのち、台湾人の夫と結婚して、1997年より台湾生活を開始。
子育ての傍ら、日本と台湾に関連するビジネスを起業し、「ビジネスセンター」設立準備にも従事。現在、日本語対応の強みを生かし、台湾における会社設立の相談をはじめ、企業の台湾進出をサポートする。
本コラムでは、16年間に及ぶ台湾生活で経験した台湾の変遷、商習慣、生活情報などを現地目線で紹介予定。

海外食生活レポート バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について

海外コンテンツ

メルマガ登録はこちら