世界でたたかう外食企業

パルコがシンガポールで仕掛ける、日本食専門店街「itadakimasu」(PARCO (Singapore) Pte Ltd)

2016年06月17日

【Q】どのような日本食が受け入れられるのでしょうか?

日本でのベースは崩さずに少しカスタマイズして、話題を提供することが大切ではないかと思います。例えば日本から進出したある居酒屋では、たくさんあるメニューの中から鍋を前面に押し出すことで売上げを伸ばしました。もちろん、鍋以外のメニューもありますが、一つの商品をきわ立たせることで特徴を出し、話題作りに成功したわけです。

また、シンガポールにはまだない「新しい定番」を提案するのもいいと思います。日本そばやお好み焼きなど、日本では定番になっている料理も、シンガポールでは定番化していません。「シンガポール初上陸」となれば話題性もあり、人気が出る可能性はまだまだあります。

【Q】海外進出を検討中の企業様へメッセージをお願いします

シンガポールは裕福な人が多く、食に対する興味、特に日本食への関心が高いのが特徴です。日本の飲食店が進出する場合、比較的ハードルが低いと言えます。また、世界各国から人が訪れるため、世界に向けたプロモーションの場としても魅力的です。海外へ出るには大変なエネルギーが必要ですが、それを差し引いてもやる価値は十分にあります。

弊社では、これまでの20年間で培ってきたノウハウと、パルコシンガポールの現地スタッフのネットワークを活用し、進出企業様のフォローも行っています。現地法人設立の際に会計事務所や税理士事務所などのパートナーの紹介や、ローカル事情を踏まえた宣伝や販促などの施策もご提案できます。シンガポール進出にご興味がありましたら、ぜひお声がけいただきたいと思います。

PARCO (Singapore) Pte Ltd

1969年に「池袋PARCO」を開店し、以降、ファッションを中心としたショッピングセンターの開発・運営を行う。2016年現在、国内19店舗の「PARCO」を展開している。1995年にシンガポールへ進出。2016年秋、日本食レストランゾーン「itadakimasu」の開業を予定している。

業種:小売業 事業所数:1 従業員数:5名(うち日本人3名)
本社所在地:10 Anson Road #09-05/06 International Plaza Singapore 079903
お話:宇都宮誠樹氏(株式会社パルコ 海外事業部部長)

海外進出について問い合わせる

世界でたたかう外食企業 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について

海外コンテンツ

メルマガ登録はこちら