世界でたたかう外食企業

台湾で16店舗を展開。らあめん花月嵐の“日本らしさ”を残したローカライズ戦略(グロービート・ジャパン)

2016年11月22日

一方、絶対変えてはいけないのは、接客サービスです。日本の接客サービスの質の高さは台湾でも知られており、現地の方はそこも含めて日本食を楽しみに来店されます。

【Q】台湾進出成功の秘訣は何だと思いますか?

日系飲食店は、どこの企業も「日本の」という枕詞をつけて台湾に進出してきます。その一方で、その飲食店自身の看板、つまり日本でのブランド力は台湾では通用せず、ゼロになってしまいます。実際に食べていただいて、少しずつブランド化されていく。それを一緒に作っていくパートナーは、何よりも重要です。お互いが尊敬しあえるパートナーを見つけること、それが秘訣ではないでしょうか。

【Q】今後の展望をお聞かせください

台湾のレギュラーメニュー。この他にサイドメニューと期間限定メニューがある

台湾のレギュラーメニュー。
この他にサイドメニューと
期間限定メニューがある

「らあめん花月嵐」を世界中に届けることです。アジアで行われた「日本に来て食べたい料理」に関するアンケート調査では、なんとラーメンが2番めに挙がっています。海外から見たラーメンは、もはや日本食なんですね。

だから、その昔、寿司屋さんが海外に進出していったように、ラーメン店も日本を代表して海外を目指し、文化を発信して行かなければいけないな、と思っています。

【Q】今後、海外進出を考えている日本企業にメッセージをください

海外に出てみると、どれだけ日本という国が世界から愛され、尊敬されているかがわかります。それを自覚することが、日本の未来を切り開いていく上で重要だと感じています。ぜひ海外に目を向け、一緒に日本の食文化を広めて行きましょう。

グロービート・ジャパン株式会社

らあめん花月嵐、ちゃぶ屋とんこつらぁ麺CHABUTONブランドのラーメン店の運営と、フランチャイズ事業を行っている。日本全国および海外で、291店舗を展開中。

業種:飲食業 店舗数:291(うち台湾16) 従業員数:180名
本社所在地:東京都杉並区上荻1丁目14番5号
お話:石井孝典氏

海外進出について問い合わせる

世界でたたかう外食企業 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ

通信暗号化方式「TLS1.0/1.1」「SSL3.0」のサポート終了について

海外コンテンツ

メルマガ登録はこちら