愛されるお店の作り方

淘汰が進む格安居酒屋。巧みな放題プランで、右肩上がりの成長を続ける店~全品280円居酒屋ニパチ(ヨシックス)

2017年05月08日

20170425_nipachi_005

その気概は、店舗スタッフの接客にも見て取れる。『ニパチ』のオーダーはタッチパネルを採用しているが、ただ淡々と注文を捌いているわけではない。店舗スタッフの接客はとにかく元気がよく、気配りも行き届いている。

「タッチパネルは、人件費削減や本部一括によるメニュー変更などオペレーション的には優秀ですが、どうしても人と人との繋がりが希薄になります。だからこそ、お客様を驚かせるほど元気のいい接客で、元気を持って帰ってもらうことをモットーとしているのです。どれだけオペレーション効率が上がっても機械的な接客では、地域密着を掲げる店として本末転倒ですから」

FC展開はせず、直営店をじっくり育てる

20170425_nipachi_006

今後は、「地域性と季節感を大切にしていきたい」と稲田さんは話す。現在は全店舗統一で年2回ほどのメニュー変更だが、これから各地域で個別のメニューを作り、季節ごとに変更していく考えだ。あえてセントラルキッチンを持たない戦略が、ここで一気に開花するかもしれない。

また、新店の出店は続けるもののFC(フランチャイズチェーン)展開はせず、直営店のみを増やしていく意向だ。

「FC展開をすれば、飛躍的に店舗数は増やせるでしょう。しかし、料理クオリティやサービス低下に懸念が残ります。今後は、いまの価格帯を維持しながらも、お客さまの満足度をさらに上げていくことが重要です。そのためには本部の目が届く範囲で料理やサービスを高め、スタッフ1人ひとりの能力を伸ばしていくことが、成長の課題と捉えています」

世相に左右されやすい業態でありながら、価格以上の価値創造と地域密着でファンの支持を集める『ニパチ』。こんな店が元気に成長を続けてくれている限り、客離れが叫ばれて久しい低価格帯居酒屋の未来も明るいといえそうだ。


BtoBプラットフォーム 受発注

全品280円居酒屋 ニパチ 錦二伏見店(株式会社ヨシックス)

住所:愛知県名古屋市中区錦2-7-25
電話:052-204-8828
お話:株式会社ヨシックス 中部事業部 部長 稲田拓也様
公式HP:http://yossix.co.jp/

愛されるお店の作り方 バックナンバー

おすすめ記事

関連タグ





業務用食品、衛生関連資材の購入は、BtoBプラットフォーム商談 eSmartで!会員登録無料・今なら3500ポイントプレゼント!

メルマガ登録はこちら
フーズチャネルタイムズ 無料購読はこちら