6月18日(金)三重県に初の小型店開店 - マックスバリュエクスプレス鈴鹿若松店

掲載日: 2021年06月11日 /提供:マックスバリュ東海

2 0 2 1 年 6 月 1 1 日

マックスバリュ東海株式会社

6月18日(金)三重県に初の小型店開店!
マックスバリュエクスプレス鈴鹿若松店
~ わたしにうれしいとっても便利なお店 ~

マックスバリュ東海株式会社(本社:静岡県浜松市東区/代表取締役社長:神尾 啓治)は、6月18日(金)、マックスバリュエクスプレス鈴鹿若松店を開店いたしますので、ご案内申しあげます。

マックスバリュエクスプレス鈴鹿若松店は、近鉄名古屋線「伊勢若松駅」より直線距離で東へ約400m、四日市市と鈴鹿市白子を結ぶ県道6号線(四日市楠鈴鹿線)沿い、北若松交差点を四日市方面へ約70mに位置しております。同店は、マックスバリュ若松店として1992年2月に開店して以来、約30年に渡りご愛顧いただいておりました。新装開店に向けて2021年3月より一時閉店し、店舗展開の更なる拡充に向けて推進する小型食品スーパーマーケットとして装いも新たに開店いたします。三重県においては、初の小型店出店となります。

当店は、お客さまの多様なニーズやライフスタイルの変化に対応するべく、当社の強みである豊富な品揃えや価格優位性はそのままに、欲しい時に欲しい商品をお買い求めいただける売場構成が特徴となります。食べきり、使いきりを意識した小容量商品の拡充のほか、お会計と商品の袋詰めを一連の流れで行うカウンターレジの採用など、お客さまの一層便利な日常生活をお手伝いするサービスを付加した小型店舗となります。

小型の店舗となりますが、陳列棚の高さ調整などにより、生鮮・デリカ部門をはじめ、日配品、加工食品、非食品におきましても日常の暮らしに必要な品揃えを確保するとともに、地域で親しまれる商品や店舗周辺で製造される「じもの」商品の導入を推進し、普段使いにちょうど良い、便利で地域に密着した店舗運営を目指してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.mv-tokai.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/06/44775d29cf7d31f9ce0742ba11f9be9b.pdf

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら