全国7エリアの地元ラーメン店監修メニュー 冷し麺やおにぎりなどをエリア別に同時発売

掲載日: 2021年07月21日 /提供:ローソン

7月27日(火)より全国のローソン店舗で全国7エリアの地元ラーメン店監修メニュー 冷し麺やおにぎりなどをエリア別に同時発売

2021年7月21日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、7月27日(火)より、全国7エリアの人気ラーメン店に監修いただいた冷し麺やおにぎりなどを、それぞれのラーメン店が所在するエリア限定で発売します。また、博多一双監修の「冷し豚骨つけ麺」(税込550円)と「博多豚骨ラーメン」(税込530円)を全国のローソン店舗(約13,400店:2021年6月末時点、「ローソンストア100」を除く)で発売します。また、ローソンで博多一双監修のチルド麺を発売するのは、今回が初めてです。

〈各エリアの店舗数〉※北海道:約680店、東北:約1,200店(青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島)、関東甲信越:約4,800店(東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城、新潟、山梨、長野)、中部:約1,600店(静岡、愛知、岐阜、三重〈一部店舗除く〉、石川、富山、福井〈一部店舗除く〉)、近畿:約2,400店(京都、滋賀、奈良、和歌山、大阪、兵庫、〈三重県と福井県の一部店舗を含む〉)、中四国:約1,320店(岡山、広島、山口〈一部店舗除く〉、鳥取、島根、香川、愛媛、徳島、高知)、九州:約1,200店(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、〈山口県の一部店舗を含む〉)


【発売エリアと商品】

えびそば一幻監修
冷しえびそば
(税込530円)

中華そば嘉一監修
冷たい中華そば
(税込530円)

重慶飯店監修
冷し担担麺
(税込530円)

岩本屋監修
冷し鶏ガラ貝だし
ラーメン
(税込498円)

人類みな麺類監修
冷しあさりチャーシュー麺(税込598円)
貝だし醤油らーめん
(税込598円)
貝だし醤油(あさり・ツナマヨネーズ入り)
(税込140円)

我馬監修
冷し旨辛麺
(税込530円)
チャーシュー丼
(税込498円)

博多華味鳥監修
冷し鶏ソバ
(税込598円)

博多一双監修
冷し豚骨つけ麺
(税込550円)
博多豚骨ラーメン
(税込530円)

(写真は調理例です)



ローソンでは、専門店のおいしさを通じてマチ(地域)を元気にすることを目的に、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を大きく受けた飲食業界とのコラボレーションを進めています。昨年10月より全国で120店舗以上の飲食店の監修商品を発売しています。これからもご当地の有名店や地域の企業とのコラボレーションを行い、わくわくする商品の発売を通して地域の活性化に貢献してまいります。

■7月27日(火)発売商品詳細〈中四国エリアの「我馬監修 チャーシュー丼」のみ
8月3日(火)発売〉






最新の新商品ニュース





メルマガ登録はこちら