自宅での過ごし方と自宅でのスポーツ観戦時の飲食に関する調査(2021年)

掲載日: 2021年07月21日 /提供:クロス・マーケティンググループ

報道関係各位

2021 / 07 / 21

株式会社クロス・マーケティング

自宅で過ごす夏、
女性は「片付け・断捨離」、男性は「スポーツ観戦」がTOP
オリンピック観戦のお供は
「ポテトチップス・スナック菓子」が1位

-自宅での過ごし方と自宅でのスポーツ観戦時の飲食に関する調査(2021年)-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社?:五?嵐幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「自宅での過ごし方と自宅でのスポーツ観戦時の飲食に関する調査(2021年)」を実施しました。自宅にいる時間が長くなりそうな今年の夏をどのように過ごすのでしょうか。今回は、「今年の夏に自宅でやろうと思っていること」「自宅で過ごすにあたって気をつけていること」を聴取、また「自宅での東京オリンピック・パラリンピック観戦時に飲みたいもの」「食べたいもの」などを聴取しました。

調査結果

◆今年の夏に自宅でやろうと思っていることは「映像コンテンツを観る」が最も多く3割程度。「ゆっくりと風呂につかる」「普段できないところの掃除・片付けをする」が僅差で続く。<図1>
男性TOP3は「スポーツ中継を見る」「映像コンテンツを観る」「ゲームをする」。女性TOP3は「普段できないところの掃除・片付けをする」「断捨離をする」「映像コンテンツを観る」が続く。

◆自宅で過ごすにあたって心配なこと、気をつけていることは「運動不足」が4割を超え、TOPに。「冷房のつけすぎによる電気代の上昇」「食べすぎによる肥満」などがそれぞれ3割弱で続く。<図2>

◆自宅で東京オリンピック・パラリンピックを観戦するにあたり飲みたいものでは、「お茶」・「ビール」・「炭酸飲料」がTOP3。<図3>
「食べたいもの」ではポテトチップス・スナック菓子がトップ。アイス、フライドチキン・唐揚げ、ピザと続く。<図4>



調査項目

□属性設問
□昨今の状況下で「してもいい」と思うもの
□今年の夏に自宅でやろうと思っていること
□自宅で過ごすにあたって心配なこと、気をつけていること
□自宅でのオリンピック・パラリンピック観戦にあたり飲みたいもの
□自宅でのオリンピック・パラリンピック観戦にあたり食べたいもの



調査概要

調査手法
:インターネットリサーチ
(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域
:全国47都道府県
調査対象
:20~69歳の男女
調査期間
:2021年7月16日(金)~19日(月)
有効回答数
:本調査1,100サンプル

※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


【会社概要】

会社名
:株式会社クロス・マーケティング https://www.cross-m.co.jp/
所在地
:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立
:2003年4月1日
代表者
:代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容
:マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当
: マーケティング部
TEL
:03-6859-1192
FAX
:03-6859-2275
E-mail
:pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。 <例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら