鳥羽磯部漁協直送の鮮魚を使った寿司と自家製麺うどんを提供。 - 奈良・学園前に新店舗『なぎまち』をオープン! 【近鉄リテーリング】

掲載日: 2021年08月30日 /提供:近鉄グループホールディングス

2021年8月30日

鳥羽磯部漁協直送の鮮魚を使った寿司と自家製麺うどんを提供。
奈良・学園前に新店舗『なぎまち』をオープン!

株式会社近鉄リテーリングは2021年9月1日(水)、近鉄学園前駅商業ビル「ル・シエル学園前」2階に「伊勢志摩鮮魚の目の前にぎりと自家製麺うどん なぎまち」をオープンします。新店舗では、三重県の鳥羽磯部漁協から直送された鮮魚を使用した寿司※や、風味豊かなお出汁と絡む自家製麺うどんをご賞味いただけます。

寿司は鮮度の高い魚介に加え、寿司シャリには土鍋でじっくり炊き上げたご飯を使用します。また、静岡県の中伊豆産の山葵や、伊勢湾で育った海苔を添えることで、上品な香りや豊かな味わいを楽しめる寿司をお楽しみいただけます。

うどんは店内で製麺した出来たてのうどん麺を、少しの甘みとコクのあるこだわりの出汁とともにお召し上がりいただけます。また、具材や盛り付けに工夫を凝らした「創作うどん」のメニューもご提供します。 店舗およびメニューの詳細は別紙のとおりです。

※漁期などの関係で一部鳥羽磯部漁協以外の鮮魚を使用します。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/common-hd/data/pdf/20210830re20210827141116300410635.pdf

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら