保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」豊かな食の体験機会を創出する『 子どもたちが「食べる」をもっと好きになる給食プロジェ…

掲載日: 2021年09月16日 /提供:オイシックス・ラ・大地

RELEASE

2021/09/16

印刷用(PDF版)リリースはこちら

保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」
豊かな食の体験機会を創出する
『 子どもたちが「食べる」をもっと好きになる給食プロジェクト 』を開始

食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平、以下当社)が運営する保育施設への給食関連サービス事業「すくすくOisix」は、安心・安全な食材の調達や商品の配送に加え、栄養士による献立の作成や栄養相談、食育コンテンツの提供など、保育施設の業務負荷軽減ができるサービスを提供しております。
この度「すくすくOisix」サービス拡充のため、『子どもたちが「食べる」をもっと好きになる給食プロジェクト』を展開します。このプロジェクトでは保育施設の方々と協力して、これまでの食育を拡充すると共に、産地とつながるイベントやご家庭向けの食育ツールの配布など当社ならではの企画を展開していきます。

新たな食育給食プロジェクト立ち上げの背景

「すくすくOisix」は2015年7月に旧らでぃっしゅぼーや社の事業としてスタート。600を超える保育施設※1で導入頂く中で「食育」※2の重要性を認識し、食材の配送や献立提供のサービスのほか、食育コンテンツの提供を行って参りました。

乳幼児期は味覚が発達し嗜好が形成される大切な時期です。保育施設で過ごす子どもたちが「食」にもっと興味を持ち「食べる」ことが好きになるような食育プログラムを提供したいという想いでこのプロジェクトを立ち上げました。

「すくすくOisix」は安心安全な食材の調達、4000軒を超える生産者※3との繋がりや、食に関する知識などの強みを活かし、保育施設・ご家庭・お子さまの皆さんが楽しみながら『「食べる」をもっと好きになる』ことができるような食育プログラムをご提案して参ります。

※1 2021年7月末時点
※2 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるものを意味します。 農林水産省より抜粋 https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/network/about/index.html
※3 2020年3月末時点

コロナ禍の影響が継続するなかでも、豊かな食の体験を創出

保育施設は、園児への給食提供において栄養士や調理師の人材が十分に確保できないことなどから、現場スタッフが兼務で献立や調理を行い業務負担が増えてしまうという課題や、給食の提供で手一杯になってしまい、食育まで手が回らないなどの課題がありました。また独自に食育に取組む保育施設においても新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、農作業体験が中止になるなど課外活動に制約が生じている状況です。
様々な保育現場における食育についての課題解決に貢献するため、このプロジェクトでは、実際に現場でご利用いただく保育士の皆様と協力し、子どもたちに「食べること」をもっと好きになってもらえるような企画を継続的に提案いたします。これまで行ってきたトマトやキュウリなど季節に合わせた苗や白ナスやグリーンパプリカなど珍しい野菜の提供などに加え、下記のようなプログラムを予定しております。

提供プログラム(予定)

<産地交流の機会創出>
コロナ禍で出かけられない、予定していたイベントができないといった課題に対し、当社に食材を提供してくださる生産者の方々と子どもたちが交流できる場を作ります。
オンラインやお手紙での交流や画像等のコンテンツ提供を通じてどんな人が、どんな風に食べ物を作っているのかを知ることができるようなプログラムを実施予定です。

<家庭用の食育ツールの提供>
保育施設内にとどまらず、ご家庭でもより楽しく食べることができるよう、食べた野菜にシールを貼る「おやさいスタンプラリー」を配布しました。これ以外にもご家庭で一緒に楽しめるようなプログラムを予定しています。

保育施設向け給食事業「すくすくOisix」について

2015年7月に旧らでぃっしゅぼーや株式会社の事業としてスタート(旧らでぃっしゅぼーや社は2018年に当社と経営統合)した、安心・安全な食材を保育施設で利用いただくサービスです。2021年7月末時点で608の保育施設で導入頂いています。
当サービスは安全な食材の調達や商品の配送に加え、栄養士による献立の作成や栄養相談、食育コンテンツの提供など、保育施設の業務負荷軽減ができるサービスを提供しております。

食品宅配サービス「Oisix」について

2000年に設立。「つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材のみを食卓へ」をコンセプトとした、有機野菜や特別栽培野菜、合成保存料・合成着色料を使わない加工食品などの生鮮食品を取り扱うEC食品宅配サービスです。
現在、会員数は333,850人(2021年6月末時点)で日本全国の方にご利用いただいています。
2013年7月に販売を開始した、必要量の食材とレシピがセットになり主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキット『Kit Oisix』は、シリーズ累計出荷数が9,000万食(2021年8月15日時点)を突破しています。

オイシックス・ラ・大地株式会社について

オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の国内主要ブランドを通じ、安心・安全に配慮した農産物、ミールキットなどの定期宅配サービスを提供しています。子会社の買い物難民向け移動スーパー「とくし丸」や、米国でヴィーガンミールキットを展開する「Purple Carrot」ともに、食のサブスクリプションサービスを広げています。当社は、「サステナブルリテール」(持続可能型小売業)として、サブスクリプションモデルによる受注予測や、ふぞろい品の積極活用、家庭での食品廃棄が削減できるミールキットなどを通じ、畑から食卓まで、サプライチェーン全体で食品ロスゼロを目指しています。

本リリースに関するお問合せ

  • オイシックス・ラ・大地株式会社 広報:丸尾
  • TEL:050-5305-0549(直通) E-mail:publicity@oisixradaichi.co.jp
  • (上記内容は断りなく変更される場合があります/最新情報は上記お問合せ先までご連絡ください)

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら