JA安房 JAグリーン館山資材館に「人が集まり“農”を支える鳥獣被害対策館」をコンセプトとした展示ブースをオープン

掲載日: 2021年07月24日 /提供:合同会社DMM.com

~DMMアグリがプラン設計からデザイン施工、運営までを一括プロデュース~

農業に関する課題解決を行う事業を展開する、株式会社DMM Agri Innovation(本社:東京都港区、代表取締役 岡崎 翼、以下DMMアグリ)は、7月24日(土)にリニューアルオープンしたJA安房JAグリーン館山店資材館内における、鳥獣被害対策展示ブースの企画・施工を一括で実施いたしました。 本展示ブースは、「人が集まり“農”を支える鳥獣被害対策館」をコンセプトに、鳥獣被害をより身近に感じてもらい、地域の被害情報や対策方法等の情報が集まるハブとなる拠点を目指し、JA安房様と共同で取り組んでおります。


オープンイメージ図

■鳥獣被害対策展示ブースについて
鳥獣被害対策の啓蒙活動の一環として、JA安房JAグリーン館山店様の資材館をリニューアルし、鳥獣被害対策に関する歴史や、有益な情報を伝える展示ブースをオープンいたします。子供からご年配まで幅広い年代の方々が、鳥獣対策について情報を学び、 地域全体で被害対策を行っていく拠点を目指して、企画・施工・運営サポートを一貫してDMMアグリが実施しております。オープン後は「鳥獣被害対策館」の活発的な利用を目指し、継続的な運営企画についても、JA安房と共同で取り組んで参ります。


■展示ブースの特徴

1.しっかりとした情報(モニター設置)
・鳥獣生態
・出没時の対策
・被害額/種別
・鳥獣被害対策の歴史

2.多目的掲示板
・出没地図シール
・イベント展示物

3.対策商品コーナー
・役所情報
・商品販売
・商品・カタログ陳列


■展示ブースの概要
・オープン日:2021年7月24日(土)
・会場:JA安房 JAグリーン館山資材館内
・営業時間:9:00~18:00(3月~10月)9:00~17:00(11月~2月)
※土日・祝日営業いたします。
・入場料:無料


■展示ブースにおける新型コロナウイルス感染症対策について
鳥獣対策館ではお客さまと従業員の感染防止の観点から、次の取り組みを行っております。
・対人距離確保のため、従業員はお客さまと一定の間隔を取ってご案内いたしますことをご了承ください。
・従業員には就業前の健康チェックを義務付けるとともに、うがい、手洗い、消毒の励行、マスクの着用や咳エチケットの徹底など、各種感染対策を強化いたします。
・お客さまのご来場状況により入場制限をさせていただく場合がございます。


■DMM Agri Innovationについて
DMM Agri Innovationは、農業に関する課題解決を行う事業です。
『農業と未来を歩む』をテーマに掲げ、DMMのソリューション提供により、農業、地域社会への貢献を目指してまいります。
企業HP:https://dmm-agri.com/
製品HP:https://dmm-agri.com/item/
Twitter:https://twitter.com/DMM_Agri
Facebook:https://www.facebook.com/DMMAgriInnovation/


■DMM農業について
DMMは「生産者の声に寄り添うことで新しい価値を作り、農業の未来に貢献する」をミッションに、中古農機具販売事業・鳥獣被害対策事業を展開しています。生産者の方々が農業により専念できる環境作りや、経済的により豊かになる仕組み作りを目指しています。
HP:https://nogyo.dmm.com/

■JAグループ
JA(Japan Agricultural Cooperatives)グループは、相互扶助の精神のもとに農家(組合員)の営農と生活を守り高め、豊かな社会を築くことを目的として構築された協同組合組織です。全農はJAグループの中で、農畜産物の販売や生産資材の供給といった経済事業を担う組織です。経済事業を通じて生産者と消費者を結び、産地や地域社会の活性化、環境の保全に取り組んでいます。


【事業・製品に関する内容/JA様からのお問い合わせ】
E-MAIL:dmm-agri@dmm.com

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら