池袋で行列のできる飲食店を展開するグリップセカンドが、9月27日(月)青山にレストラン「RACINES AOYAMA」とショップ「RACINES DONUT&ICE CREAM」を同時オープン…

掲載日: 2021年09月03日 /提供:グリップセカンド

~レストラン・フードショップ・ブルワリーが一つになった複合型の店舗を今秋開業へ~

株式会社グリップセカンド(東京都豊島区、代表取締役社長:金子信也)は9月27日(月)、一般社団法人まちづくり ののあおやまが運営する商業施設「ののあおやま」内に約50坪のブルワリー併設のレストランと、食物販を行うショップを同時オープンいたします。





ブルワリー・レストラン・ショップが一つに

北青山エリアに、東京建物株式会社、三井不動産株式会社、独立行政法人都市再生機構の三者が事務局となり一般社団法人まちづくり ののあおやまが管理運営を行う「ののあおやま」が昨春オープンしました。3500平方メートル という敷地内に、住宅、保育園、地域交流拠点などを有し、緑あふれる暮らしを実現する場として誕生。この施設内に9月27日、当社を代表するレストランブランドとして本店を池袋に構える「RACINES boulangerie&Bistro」の姉妹店として、「RACINES AOYAMA(ラシーヌ青山)」をオープンすることになりました。



当社としては初の試みとなるブルワリーを併設したレストランは、店内に約60席、テラス席も最大で30席ほど設置することができます。自然光がたっぷりと入る店内は、落ち着いたトーンのインテリアでまとめ、青山エリアを生活圏とする大人たちに向け、多様なシーンで利用いただけるよう朝から夜まで1日を通して営業を行います。料理は全国60以上の契約農家から届く素材を活かし、シンプルなメニューを豪快に味わっていただけるようジャンルレスに取り揃え、オリジナルのクラフトビールやカクテル、料理に合わせてセレクトした自然派ワインと一緒にお楽しみいただけます。レストランはイートイン以外の利用も可能で、テイクアウトやデリバリーにも対応する予定です。

店内ブルワリーの本格稼働(醸造開始)は開業後を予定していますが、昨年から連携しているマイクロブルワリーにて醸造されたオリジナルのビールを開業時から提供予定としております。


11,500個完売する池袋で大人気のドーナツを青山でも



また、レストランにはフードショップ「RACINES DONUT&ICE CREAM」が隣接しており、ここでは手作りのドーナツ、アイスクリームを中心に、オリジナルのフードプロダクト(ドレッシングやジャム、バターなどを検討)や、契約農家の果実で作るコールドプレスジュース、フレッシュジュース、コーヒーなどのドリンク類もこだわって提供します。


昨年オープンしたグループ店舗「RACINES Bread&Salad」(池袋|https://racines-b-s.com/)のドーナツが大変好評で、毎日25種類1,000個を目安に販売していますが、休日には1,500個近くが夕方までに完売してしまいます。この人気のドーナツを今回、手作りアイスクリームとともにメインにして販売していきます。商品ラインナップはオープン後の状況に応じて、順次拡大していく予定です。


らしく」というコンセプト




ドーナツやアイスクリームとともに、今回特に力を入れるコールドプレスジュースは「Like Me ~私らしく~」というコンセプトをもとに商品作りを行っています。「健康な身体と前向きな気持ちで、いつも笑っていたい」そんな思いを込めて、身体の内側からキレイになる為のサポートを行うため、非常に大切にしている考え方です。

日本各地で大切に育てられた野菜や果実を、熱を加えずに素材が持つ栄養素が豊富に含まれているジュースとして、皆さんに提供したいと思います。これまで、時間をかけて企画してきた商品を、今回同店で初めて販売します。家庭内での食卓を豊かに彩るテイクアウトや物販商品を取り揃え、よりお客様のライフスタイルに近い存在を目指すからこそ、こうした細やかなコンセプトメイクから商品設計に至るまで、私たちのこだわりを詰め込みました。


Except for AというSDGsへの考え方



今回、人気のドーナツとともに、アイスクリームをメイン商品にしたのには明確な理由があります。当社では社内に「Except for A Project(A以外を活用するプロジェクト)」という取り組みがあり、食材仕入れにおいて、A品以外のもの=B品・C品の積極的な活用という仕組みが存在します。果実や野菜などは卸の際にA品、B品などとランク分けされますが、農地ではA品、B品に関わらず同じように手間暇かけて大切に作られたものであり、味わいにはさほど差がないにも関わらず安価に取引されたり、場合によってはA品でないことを理由に廃棄されてしまうケースもあります。

そこで、私たちはB・C品(規格外品)だけを使って、アイデアと手をかけることで最高に美味しい商品に仕上げます。レストランのメニューでは果実を大量に使うことはメニュー構成上難しいですが、アイスクリーム専門店であれば多くの果実の仕入れ・商品化が可能です。もちろんドーナツにも果実を活用します。産地への貢献、食材廃棄削減を実現しながら、美味しいものをお客様へ提供します。



店舗概要



店名:RACCINES AOYAMA(ラシーヌ青山)
住所:〒107-0061東京都港区北青山3-4-3ののあおやま1階
電話:03-6384-5915(9月15日開通予定)
営業時間:09:00~23:00予定
※新型コロナウィルス感染拡大防止のための東京都の要請に応じて営業時間や提供メニューが変更になる場合がございます。
定休日:不定休
Instagram:https://instagram.com/racines_aoyama



店名:RACINES DONUT&ICE CREAM(ラシーヌ ドーナツ&アイスクリーム)
住所:〒107-0061東京都港区北青山3-4-3ののあおやま1階
電話: 03-6384-5916(9月15日開通予定)
営業時間:09:00~23:00予定
※新型コロナウィルス感染拡大防止のための東京都の要請に応じて営業時間や提供メニューが変更になる場合がございます。
定休日:不定休
Instagram:https://instagram.com/racines_donutandicecream



株式会社グリップセカンド https://grip-magazine.jp/

池袋を中心に現在、都内に8店舗・9ブランドを展開しているフードサービスカンパニーです。「街をつくる」という考えのもと、南池袋にドミナントでビストロ、イタリアン、焼肉、和食、ベトナミーズなど多種多様な業態を出店しています。また、全国60以上の信頼できる生産者と直接契約して独自の仕入れルートを構築。多様な業態で食材を効率的に活用することで食材廃棄1%を実現しています。またコロナ禍では食物販ブランドを新たに立ち上げ。1日1,500個以上販売するドーナツが話題となり、行列が耐えない店に。この度、青山エリアに初進出。ブルワリーを併設した大型レストラン(オールデイダイング)と食物販を行うショップを同時オープン。オンラインショップも昨年開設(https://grip-provision.com/)。

会社概要
社 名:株式会社グリップセカンド
所在地:171-0022 東京都豊島区南池袋2-8-18コーポTAKASAGO 606
代表者:金子信也
設 立:2005年1月14日

提供元:PR TIMES

最新の外食ニュース





メルマガ登録はこちら