10/11(月)ウェビナー【加速するD2C】丸井が目指すOMOの未来 ~LIVE TALK Vol.3~

掲載日: 2021年09月16日 /提供:しまうまプリント

ライブコマースプラットフォーム「LIVE torutte」を運営する株式会社しまうまプリント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 高橋 洋一郎)は、大型商業施設「マルイ・モディ」を運営する株式会社丸井(本社:東京都中野区、代表取締役社長、青野 真博)と共同で、「【加速するD2C】丸井が目指すOMOの未来 ~LIVE TALK Vol.3~」と題した無料オンラインセミナーを2021年10月11日(月)18時より開催いたします。



今回のセミナーでは、リアルとデジタルを融合させた商空間を展開する株式会社丸井の星野氏を交え、これまでのOMOの取り組みとこれからの展望を、具体的な事例も交えてお話しいただきます。


▼開催概要

テーマ:【加速するD2C】丸井が目指すOMOの未来
開催日時:2021年10月11日(月)18:00~19:00
定員:300名
参加費:無料
申込期間:2021年10月8日(金)まで
申込方法:本ウェビナーの「参加申込フォーム」からお申込みください。

会場:Zoom ウェビナー(ウェビナーURL は、後日お申込みいただいた方にお知らせいたします。)
対象:企業販促担当様・企業PR担当者様


※本セミナーは法人のお客様対象のセミナーとなっております。個人のお客様からのお申し込みは受け付けておりません。

※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

※ご登壇企業様および弊社と同様のサービスを提供されている企業の関係者からのお申し込みは、ご遠慮いただく場合がございます。

▼お申込み
下記 Web ページにて受け付けております。10/8(金)24時まで受付可能です。
https://live.torutte.jp/event/webinar_211011


▼内容
ご挨拶・事業紹介
丸井のこれまでのオンライン施策
丸井が考えるリアル店舗の意義
丸井が考えるこれからの商業施設の意義
これからのデジタル×リアルの展望
「LIVE torutte」の紹介
質疑応答

※内容は一部変更の可能性がございます。


▼参加特典
ライブコマースプラットフォーム「LIVE torutte」年内のお申し込みに限り初期費用無料。

▼講演者紹介
星野 真 氏

株式会社丸井
1972年東京都生まれ
1995年株式会社丸井(現 株式会社丸井グループ)へ入社、店舗での販売を経験後、
経営企画・新規事業開発・人事などを経て、
2020年4月よりマルイシティ横浜に勤務。
趣味は10年以上続けているハンバーガーの食べ歩き、
ランニング。2児の父。


朴 志亜

株式会社しまうまプリント LIVE torutte プロデューサー
1989年生まれ。上智大学卒業後、2013年(株)カルチュア・コンビニエンス・クラブ新卒入社。
カメラのキタムラでフォトブック販売数全国1位の経験から、人々の生活に密接に関わる写真の力を確信。
2017年よりソーシャルグラファーと企業をマッチングするアプリ、torutte(トルッテ)の立ち上げから新規事業プロデュースに携わる。
世界観に特化したアカウントを構築するInstagram運用のアカウントをプロデュース。写真や企業インスタグラムを軸とした講演を100回以上行っている。
2020年よりライブコマースプラットフォーム「LIVE torutte」を立ち上げ、さまざまな企業に映像を通したコマースの価値提供をプロデュース。
入社以来写真・映像の力に魅せられ、一貫してビジュアルマーケティング事業に携わっている。


【株式会社丸井 会社概要】
https://www.0101.co.jp
代表取締役社長:青野 真博
所在地:〒164-8701 東京都中野区中野4丁目3番2号
創業:2007年10月1日
資本金:1億円
事業内容:小売・店舗事業、通信販売事業、専門店事業(自主・PBの運営・開発)

【株式会社しまうまプリント会社概要】
https://shimapri.jp/
写真をもっと楽しく、想い出をもっと身近に
しまうまプリントサービスは、写真プリント・フォトブック・年賀状など「想い出」を通じて暮らしに笑顔をお届けする企業です。

商号:株式会社しまうまプリント
代表:代表取締役社長 高橋 洋一郎
本社所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-16-6 タツミビル
設立:2010年5月
資本金:1,000万円

事業内容:写真プリントサービス事業/フォトブックサービス事業/年賀状サービス事業/画像生産システム事業

【LIVE torutte(ライブ トルッテ)について】
複数の視聴者に向けた発信形式のような臨場感を味わいながら、一対一の対話形式のように接客を受けている感覚で商品の購入を検討できることが特長です。他の人のやり取りを聞いて自身の疑問が解消されることで、質問の重複の回避に繋がります。また、直接言葉を交わすことで、従来の配信者が画面上にテキストで表示された視聴者からの質問を読んで回答するスタイルより、スムーズな応答が可能となります。新しい生活様式に合わせて安心・安全な買い物環境が求められるなか、当社では、小売店・メーカー向けにオンライン上での接客の場を提供し、顧客ニーズを引き出しながら商品提案を行うライブコマースを通じて、企業とお客様との新たな接点を創出し、売り上げの拡大に寄与してまいります。


【本件に関するお問い合せ】
株式会社しまうまプリント 事業開発部
「LIVE torutte」担当:朴・高見澤
https://live.torutte.jp/
050-1741-3062

提供元:PR TIMES

最新の小売ニュース





メルマガ登録はこちら