傾斜地に強いパワフルな電動草刈り機<ユニモワーズ>販売開始

掲載日: 2021年09月28日 /提供:ユニック

 走破性と小回り性を両立するクローラーベルト駆動機構により走行障害の多い路面での移動を可能としたロボットを製造、販売する株式会社ユニック(本社:東京都杉並区、代表取締役CEO:竹内 幹夫)は、傾斜地に強いパワフルな電動草刈り機<ユニモワーズ>を開発し、10月1日より販売を開始します。


 草刈り作業は、農業、施設管理上必須の作業にも関わらず、作業環境の悪さ、身体への負担が大きい作業がゆえに、作業者の安全性、労働力確保が課題となっています。
特に、中山間地域の多い日本は傾斜地の草刈りが多く、傾斜地で安全、かつ、楽に作業ができる草刈りロボットが望まれています。
近年、傾斜地対応の遠隔操作によるエンジン駆動草刈り機が商品化されていますが、その排気ガス、騒音による環境性能について更なる改善と草刈り性能の両立を図った電動駆動でパワフルな草刈り機を開発しましたので、販売を開始します。






<販売開始時期> 2021年10月1日
<販売目標> 年間200台
<販売価格> オープン
<特徴>
・走行、草刈りともに電動駆動によりクリーンでストレスのない作業が可能
・水平移動による草刈りにより、45度斜面での草刈り可能
・6,70cmの草丈でも草刈り可能
・前進、後進の両方向で草刈りし、斜面ではスイッチバックにより効率よく草刈り可能
・50m以上離れた場所でのリモコンによる草刈りが可能
・リモコンによる刈り高調整可能(刈高2~10cm)
・収穫物、作業道具等の運搬も可能(オプションの運搬トレイ使用時)





<主要性能・諸元>
・サイズ:1000mm(長さ)×800mm(幅)×400mm(高さ)
・刈り幅:500mm
・作業能力:約1000平方メートル (1充電当たり)※当社条件時
・バッテリ:リチウムイオン電池
・走行駆動機構:高接地圧クローラーベルト駆動+左右独立サスペンション
<製品ホームページ>
 http://quest-eng.co.jp/2020/12/03/unimowers/
<製品動画紹介サイト>
 https://www.youtube.com/channel/UC_ljq2EGvVa9UiDd4lFc9Mg

<主な利用環境、形態>
・中山間地域での畦畔草刈り
・果樹園等、傾斜地での草刈りと収穫物の運搬
・太陽光発電所等傾斜地のある施設での草刈り
・道路、施設で傾斜、狭所など重作業となる場所での草刈り
・草刈りサービス事業での利用
・草刈り機を必要とする地域での共同利用、レンタル事業用等

尚、本製品を10月13日より幕張メッセで行われる農業Week2021に本草刈り機の駆動ベースとなるクローラー駆動ロボット「ユニボ」とともに出展します。
日時:2021年10月13日より10月15日 10:00~17:00
場所:幕張メッセ ブース番号4-15
農業Weekサイト:https://www.agriexpo-tokyo.jp/ja-jp.html

***問い合わせ先***
株式会社ユニック 担当 佐々木
電話&FAX番号:03-5913-8445
メール:info@quest-eng.co.jp
URL:http://www.quest-eng.co.jp

提供元:PR TIMES

最新のその他ニュース





メルマガ登録はこちら