冷凍なのにそのままで美味しいケーキ誕生!雑誌Hanakoコラボブランド「喫茶店に恋して。」の第3弾『生 クレームブリュレ・タルト』がデビュー

掲載日: 2021年09月28日 /提供:グレープストーン

2021年10月8日(金)、JR東京駅構内B1グランスタ東京内「喫茶店に恋して。」店舗にて発売開始

株式会社グレープストーン(本社:東京都中央区銀座)が展開する皿盛りデザート専門店〈銀座ぶどうの木〉は、雑誌「Hanako」とのコラボレーションブランド『喫茶店に恋して。』の第3弾「冷凍なのにそのままで美味しい 生 クレームブリュレ・タルト」を2021年10月8日(金)から販売いたします。https://www.kissakoi.tokyo/ ※今後、通販での全国発売リリースを配信予定



●雑誌「Hanako」とのただならぬ関係が!30年の時を超えて『クレームブリュレ』が生ケーキになって誕生
雑誌「Hanako」と「銀座 ぶどうの木」とのコラボで誕生した「喫茶店に恋して。」。実は、30年前の「Hanako」の特集に「銀座 ぶどうの木」のクレームブリュレが掲載されていたんです!30年の時を超えて、現代的な美味しさに進化した「生 クレームブリュレ・タルト」が生ケーキとして復刻します。



●冷凍なのにそのままで美味しい!コラボ第3弾『生 クレームブリュレ・タルト』
待望の新作のコンセプトは、「冷凍庫から取り出してそのまま食べても美味しいケーキ」。ほろ苦いカラメルソースと北海道産生クリーム仕立てのクレームプディングを香ばしいタルト生地に敷き詰めて、低温でじっくりと焼きあげています。仕上げはバーナーでパリッとキャラメリゼ。冷凍のままでも、ひんやり感のなかに上品なバニラ香が広がる、美味しいクレームブリュレの味わいを追求しました。少し時間を置くとクレームブリュレがとろけだし、食感も変化。8等分にカットしてあるので、自分の好きな食感を探してみてください。






●ドリーミーなクレームブリュレ物語の続きが描かれた、かわいいBOOK型パッケージ
第2弾「クレームブリュレタルト」に引き続き、パッケージのイラストは人気イラストレーター酒井真織さんの書き下ろし。前作ではクレームブリュレの惑星にたどり着いた宇宙飛行士が、今作ではスイーツ好きなかわいいシロクマと出会います。Hanakoコラボならではの細部までこだわったBOOK型パッケージデザインは、プレゼントにもぴったりです。

酒井真織(Maori Sakai)
1988年生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、フリーランスのイラストレーターとして活動。国内外の雑誌の挿絵や書籍の装丁、webなどの様々な分野でイラストを制作。イラストの一部が動くGifアニメーションも多く制作している。自身のwebサイトやInstagramなどのSNSでも公開中。
https://maorisakai.com/



●<第3弾発売記念>シロクマがかわいい!オリジナル保冷バッグのプレゼントキャンペーンも開催
生 クレームブリュレ・タルトのパッケージに描かれているシロクマのイラストが入った保冷バッグを店頭でご購入いただいた方にもれなくプレゼント!ケーキを持ち上げるシロクマがとってもかわいいデザインです。
※10月31日(日)まで。キャンペーン終了後は、有料にて保冷バッグをおつけいたします。


●JR東京駅グランスタ東京「喫茶店に恋して。」ブランドショップもリニューアルオープン!
これまでにHanakoとコラボレーションをしたティラミスショコラサンドをはじめ、クレームブリュレタルトや新作の生 クレームブリュレ・タルトが勢ぞろい。大切な方への手土産や自分へのご褒美スイーツを選びに、ぜひお立ち寄りください。





■商品情報
【名 称】冷凍なのにそのままで美味しい 生 クレームブリュレ・タルト
【価 格】1,890円(1,750円)※( )内は税抜価格
【発売日】2021年10月8日(金)


■店舗情報
ショップ名:喫茶店に恋して。 銀座ぶどうの木 × Hanako
場所   :JR東京駅構内B1 グランスタ東京内
営業時間 :営業時間は施設に準ずる。年中無休。



関連商品 








【名 称】クレームブリュレタルト
【価 格】4個入  864円(800円)、8個入  1,674円(1,550円)※( )内は税抜価格

雑誌『Hanako』編集によるおしゃれな文庫本パッケージが、エモかわいいと話題の褒められギフト「クレームブリュレタルト」。「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2020」では菓子部門賞に輝きました。「想像以上に本当にクレームブリュレ!」「こんな美味しいクレームブリュレ食べたことない」「ケーキ屋さんのケーキみたい。パリパリ!」と予想を超える味わいが好評です。



「喫茶店に恋して。」とは

https://www.kissakoi.tokyo/
雑誌「Hanako」の“毎日を、おいしく生きる”というコンセプトに、東京を代表するアシェット・デセール(皿盛りデザート)専門店である「銀座ぶどうの木」が共感し、「新しい東京スイーツ」を目指してコラボレーション。「Hanako」の人気特集『喫茶店に恋して。』のタイトルを冠したブランドを立ち上げました。ここからいろいろなおいしい物語が始まります。


Hanakoとは

https://hanako.tokyo
都市で働く30代の読者が中心の、"City Lifestyle Magazine"。働いた分だけ毎日を楽しみたい、かろやかでこだわりの強い女性たちが読者です。「食」「旅」「街」をメインテーマに掲げつつ、物欲を刺激するファッションやビューティー、本や音楽、電化製品など、都市生活者に必要な情報のエッセンスも。2018年10月からは月刊化&全国配本となり増ページしパワーアップ。また雑誌だけにとどまらず、ウェブメディア「Hanako.tokyo」「Hanako Taiwan」、読者組織「ハナコラボ」のイベントなどを通じて、シティライフスタイルメディアとしてのHanakoブランドを展開中です。

提供元:PR TIMES

最新の食品ニュース





メルマガ登録はこちら